副業・Wワークって、そもそもどういう意味?

求人広告などでよく見かける「副業OK」「WワークOK」の文字。
これら2つに何かの違いはあるのでしょうか?

いずれも、2つ以上の仕事をしている状態を指します。

副業とは「本業(メインの仕事)」があり、他にも仕事をしていること。
本業よりも短い時間で、少ない給与のケース、
例えば、正社員の方がアルバイトで仕事をしている場合に
「副業」という言葉が使用されることが多いようです。

それに対して、
Wワークとは、どちらかがメインの仕事、というわけではなく
同じ程度の時間をさいて、同じくらいの給与であるときに
使用されることが多いのです。


ただ、現在は副業もWワークも
同じような意味で使われているケースが多数ありますので
臨機応変に、文脈から解釈していく方がいいですね。

副業・Wワークを希望する理由

現在、政府も副業・Wワークを推進する方針にあり、
世の中ではかけもちOKの求人が増えてきました。

副業・Wワークを希望されている方に多いのは、こういった理由。

◆個人的に収入を増やしたいから
◆扶養する家族のために稼ぎたいから
◆職場の事情で、週5日希望のところ、週3日しかシフトに入れないから
◆研修期間中で時間があいているから
◆キャリアアップのために経験をつみたいから

◆別の業種も経験してみたいから

副業・Wワークを希望する理由|介護職の場合

Wワークを希望されている方の
介護職ならではの理由としては、こんなものがあります。

◆国家試験のため
 受験資格に必要な実務経験の日数を満たす必要があります。
 その分、経験が磨かれ、試験にも今後の仕事にも活かせます。

◆登録ヘルパーとして働いているため
 訪問介護を行ったときに、ご利用者様の状況により
 フルタイムで働けないことがあります。
 そんな時のために、もう1つかけもちしている方もいらっしゃいます。

◆資格を活かすため
 ショートステイや土日休みのデイサービスなど、
 シフト制で空けられる時間や休日が決まっているときは
 資格を活かして、訪問介護の仕事をする方も多いようです。

副業・Wワークのメリットとは?

お仕事をかけもちすることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

◆収入が増える
 シンプルに、勤務している時間が増えることによって収入が増えます。

◆不測の事態に備えられる
 現在コロナウィルスが猛威をふるっていますが
 こういった不測の事態が起きたときにも、
 収入源が2つあることで安定した収入をキープできます。

◆経験が積める・キャリアに活かせる
 自分がかけもちしている業界が同じであれば、
 複数の職場で経験を積むことで、キャリアにつなげられます。
 異業種だったとしても、実は自分に合っていた!というように
 新たな可能性を見つけることができます。

◆気分転換ができる
 本業よりも、副業先の職場で気の合う仲間ができる可能性もあります。
 働くことを楽しめる職場に巡り合えた場合は
 良いストレス発散になることもあります。

◆ピンポイントでシフト提出ができる
 さきほどWワークを希望する理由の1つにあった
 「週5日希望だけど週3日しか入れない」といったケースでは
 週3日だけ確実にシフトをいれることによって、
 空いている日を確保でき、効率よく働きやすくなります。

副業・Wワークのデメリットとは?

お仕事をかけもちすることのデメリットをあげていきます。

◆体力的・肉体的に負担がかかる
 疲れがたまることはもちろん、
 休みが少なくなり、自分の時間が確保しづらくなります。
 せっかく稼いだお金を使う時間がない、ということも。

◆精神的な負担になる場合もある
 どちらかの職場が自分に合っていない場合や
 1つの仕事が終わってもまた別の仕事があると考え
 気持ちが落ち込んでしまうこともあるでしょう。

◆シフトやスケジュール管理が大変
 固定の曜日・時間でない場合は、
 それぞれのシフトの把握など、管理が大変です。

◆片方の会社の就業規則に反している
 Wワーク・副業禁止の会社に勤務している場合は、
 発覚すると解雇されることや減給されることもあります。
 そして、故意にではなかったとしても
 もう片方の会社の企業機密を漏洩してしまった場合
 訴訟などに発展するケースもあります。

副業・Wワーク禁止の会社にバレる?正社員は副業できる?

会社の就業規則に「副業・Wワーク禁止」があるけど
どうにか、こっそり副業できないかな?と
考えている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、本人がどれだけ言動に気を使っても
バレる可能性は十分にあります。たとえば、税金など。


お給料から税金が天引きされている=税金が「特別徴収」されている状態。

特別徴収では、税務署から通知された税額を
会社が納税者に代わって国や市町村へ納めています。

このとき、副業先の所得を含めて計算した額が会社に通知されます。
そのため、税金額を見て「あれ?この人こんなに税金が多いの?」となるわけです。


Wワーク・副業をしたい方は、
事前に会社の就業規則を確認するようにしてくださいね。
正社員の方であっても、会社がOKであれば、副業・Wワークは可能です。

仕事をしながらアルバイトなどをかけもちする際の注意点

副業・Wワークをする上で、注意しておきたいポイントを5つご紹介します。

かけもちする際の注意点1|就業規則

先ほど述べた、副業・Wワーク禁止の規則はもちろんですが
それ以外にも注意するポイントがあります。

同業他社にノウハウや、企業機密の流出を防止するために
「同業界での副業・Wワークを禁止する」という規則を
設けている企業も少なくありません。
この点も確認しておきましょう。

かけもちする際の注意点2|扶養内・社会保険・税金

◆社会保険について
 『学生ではなく、1年以上の雇用見込みがあり、
 月の給与が8万8000円以上であり、週20時間勤務である』
 これらの要件を満たすと、社会保険の加入が必須となります。
 社会保険に加入すると、保険料の支払いが必要です。

◆課税対象について
 給与の合計額により、課税対象になり、納税義務が発生します。
 住民税は100万円、所得税は103万円以上のラインがありますね。

◆扶養内について
 配偶者の扶養内で働きたい場合は
 年収を最大で201万円以内に収める必要があります。

※社会保険・税金・扶養内の壁については、下記記事で詳しく紹介しています!
 気になる方はチェックしてみてくださいね。(↓)

かけもちする際の注意点3|確定申告

副業・Wワークで稼いだ年収が200万円を超過する場合は
確定申告を行わなくてはなりません。


確定申告は、なかなか難しいイメージがある方もいらっしゃると思います。
ですが、申告を行わないと、滞納となり
さらに税金の支払いが起こってしまいます。
悪質な内容であれば、脱税という犯罪ですので、注意しましょう。

かけもちする際の注意点4|労働基準法

労働基準法は原則1日8時間・週40時間の勤務を禁止しています。
超過する場合は会社が割増して賃金を支払わなくてはなりません。

副業・Wワークの場合であっても、合計8時間・40時間を超える場合は
会社が割増して賃金を支払わなくてはなりません。


隠れてWワークをしていた場合、調査でこのことが分かれば
割増賃金をめぐり、訴訟などのトラブルになってしまうこともあります。

Wワークをしていることを必ず伝え、許可を得ておきましょう。

かけもちする際の注意点5|自分自身の管理はしっかりと

自分のできる範囲で無理なく、スケジュールを組むようにしましょう。
働きすぎて体を壊したり、
家族との関係が悪化してしまっては元も子もありません。

シフトの管理も怠ってはいけません。
「同じ時間に仕事をいれてしまった」という、
ダブルブッキングなどのミスがないように注意しましょう。

信頼を損なう結果になり、周りの方への謝罪や説明も大変です。

頭ではわかっていても、間違ってしまうことはあり得ます。
カレンダーや手帳に書きこむなどもオススメですよ。

勤めている会社の情報を勝手に口外するのもNG。
信用問題につながりますし、
最悪の場合は訴訟になることもあります。

介護職で副業するなら、夜勤専従・週1日・短時間勤務がおすすめ

副業・Wワークについて詳しく解説させていただきました。

チャームケアには副業・WワークOKの求人もあります!

この記事を読んでみて、「介護の副業に興味がある」という方は
下記ボタンより、チャームケアの求人をチェックしてみてくださいね。(↓)
Wワークの働き方として人気の『夜勤専従』もご用意しております。
「夜勤専従ってなんだろう?」という方は下記リンクをチェック!(↓)
副業・Wワークに関する不安点や疑問点があれば、
面接の際に、気兼ねなくご相談くださいね。

あなたの働きやすいスタイルで、上手に両立していきましょう。

関連する記事

関連するキーワード

著者