住宅手当について

チャームケアでは、福利厚生のひとつとして住宅手当があります。
会社から、賃貸住宅の家賃補助の名目で一定の金額を支給する制度です。
支給には、実家からの距離や配属先など一部規定があり、規定を満たした方に補助が出る仕組みです。

また、遠方に配属になり、就業に当たり転居が必要な方には、引っ越し準備金として費用をサポートしています。
地方出身で、就職をきっかけに大阪や東京で一人暮らしをする方には嬉しい制度ですね。

住宅手当の対象になる方の例をご紹介

住宅手当の支給対象になるのはどのような方か、具体的にご紹介します。
これからチャームケアに入社する方、就活中の学生さんは、「自分は住宅手当がもらえるのかな?」「どんな生活になるんだろう?」とイメージしてくださいね。

※本記事で紹介している方が実際に住宅手当の支給を受けているとは限りません。対象者の参考例としてご覧ください。
ご入社後関西のホームに配属になり、数年勤務した後に首都圏のホームに異動された方は、住宅手当の対象になります。

チャームプレミア田園調布のホーム長、中山さやかさんは、2010年に時間給社員としてご入社。
チャームヒルズ豊中旭ヶ丘、チャーム四條畷などの管理職を経て、首都圏へ異動されました。
こうした例は、住宅手当の支給対象です。

中山さんは、ホーム長に昇格するときも、首都圏に異動するときも「会社がチャンスをくれるなら、やってみよう」という前向きな気持ちでチャレンジしたといいます。
新しい環境や立場には不安がつきものですが、「これまで新しいことにチャレンジしてきて、すべて良い結果になっている。せっかくチャンスがあるのだから、ありがたく挑戦しようと思った」と笑顔で語ってくださいました。

チャレンジしたからこそ、今の中山さんの成長があるということですね。
「どんなときも大切なのは自分の心の持ちよう」という中山さんは、とても頼もしく心強いです!

チャームスイート新井薬師さくらの森のホーム長、山本修造さんも、関西で介護職を務めた後に首都圏に異動されました。
こういったケースも住宅手当の支給対象になります。

山本さんは、新卒入社としてチャームケア初のホーム長になりました。
就活時、チャームケアの面接で好印象を抱いた山本さんは、「チャームケアに内定をもらった瞬間に就活を辞めた」そうです!
他の会社を受ける気がなくなるほど魅力を感じたのは本物ですね。

ホーム長になってから、ホームの経営面についての意識が変わったとのこと。
ご入居者様とのコミュニケーションはもちろん、スタッフを守ることもホーム長の役目。
入居促進やホーム運営を身につけることで、新しい角度から仕事を見つめ直すことができますね。

他社では、30代前半で管理職となるとスピード昇格ですが、チャームケアでは活発に若手を管理職登用しています。
これからご入社される方にも、まだまだチャンスがありますよ。

キャリアアンケートを実施し、異動希望を把握

このような転居を伴う東西間の異動は、ご本人のご希望と会社の意向が合った場合に行われます。
定期的にキャリアアンケートを実施し、異動に興味があると回答された方にお声をかけ、異動が実現しています。

「地元で働きたい」「家庭の事情で転勤は難しい」など、働き方の希望はスタッフの方ひとりひとり異なるもの。
現在のポジションで働き続けたい方には、専門性を高める道を進んでいただけるよう配慮しています。

転居を伴う異動を希望する方は、特にキャリアアップ志向の若手スタッフに多い傾向があります。
エリア間異動をきっかけに、介護リーダーや統括リーダーなどに昇格した先輩の例も多いため、自分自身もそのようにステップアップしたいと考えるようです。

東西間の異動を経験し、異なる環境や仕事の進め方を知ることで、自分の世界が広がることは間違いありません。
いま置かれている状況だけでなく、視野を広く持って業務に当たるのは素晴らしいことですね。

※2020年度のキャリアアンケートをまとめた記事はこちら!

まとめ|社員をサポートする住宅手当

この記事では、チャームケアの住宅手当・引っ越し準備金について解説してまいりました。

一般的に、介護スタッフの待遇や福利厚生は、まだまだ不十分であると言われています。
そのような介護業界へのマイナスイメージを払拭し、スタッフに気持ちよく働いていただくために、さまざまな福利厚生を充実させています。
住宅手当もそのうちのひとつで、スタッフの衣食住の「住」を支えることで、安心して長く続けて頂ける環境を目指しています。

これからご入社される内定者の方や、説明会や選考を受ける予定の学生さんは、より詳しく知りたいとお考えの方もいらっしゃるはず。
具体的な金額や、支給の条件など、詳しくは採用を担当している人材開発課にお問い合わせください。

チャームケアでは、これからもスタッフのみなさんの暮らしをサポートできる制度を充実させていきます!

関連する記事

関連するキーワード

著者