介護はきついイメージ?新たな発見や成長が楽しい!

――いきなりですが、介護のお仕事はきついですか?

特に仕事の内容で、きついと思うことはないですね。
最初から楽しいですよ。

――この仕事の楽しさを教えてください!

チャーム・ケアで働くまで、お年寄りの方と関わることはなかったんです。

今は、ご入居者様との関わりを通じて、知らないことを知ったり、新たな発見があります。

ご入居者様の笑顔が見られたり、僕のことを名前で呼んでくださったりすると、とても嬉しいです。

自分自身が成長していくのが実感できるので、毎日楽しいです!

ホームの行事やイベント

――仕事で頑張っていることを教えてください。

ホームの行事には、とても力を入れています。

チャームのホームには、季節ごとにたくさんイベントがあるんです。
春…ひなまつり・お花見
夏…七夕・花火・納涼大会
秋…お月見・ハロウィン
冬…クリスマス・お正月

毎月、行事があるたびに、その企画や準備をする「行事委員会」があります。

スタッフみんなで、頑張って盛り上げていますよ。
自分たちも一緒になって楽しんでいます!

ご入居者様から「この間のイベント、すごく楽しかったよ」​と言ってもらえるのがとても嬉しいですね。

頑張ってよかったなと思いますし、また次の行事も工夫してみよう、とやる気が出ます。

リーダーとして仕事中に心がけていること

――統括リーダーとして、仕事で心がけていることはありますか?

実は、人見知りなんです(笑)。
なので、リーダーの役割ができているかどうか…。

心がけているのは、スタッフと「コミュニケーション」を取ること。
特に何もなくても、話しかけたり、「最近どうなんかな?」と気にかけています。

そんなとき、なにげなく悩みを話してくれることもあります。

それに、相手が言えなくても、様子を見て察するところもありますよね。

スタッフのみんなが、悩みや不安を言えずに溜め込んでいないか、常に意識して行動しています。

人見知りだからこそ、自分の意見をストレートに言える人ばかりではないのは、僕がいちばん知っているので。

行事のときに結成する、「行事委員会」は、スタッフみんなで内容を決めています。

ひとつの行事に向かって進んでいく中で、団結力が増したり、うまくいったときは達成感もすごくあるので、チーム作りにも役立っていますね。

【スタッフインタビュー】谷口優里さん(チャーム南いばらき 所属)

関連する記事

関連するキーワード

著者