コンシェルジュがお客様の生活をサポート

――コンシェルジュというのは、どういったポジションですか?

チャームケアでは、「コンシェルジュ」という存在があります。

ご入居者様、ご家族様への「おもてなし」精神を体現したポジションで、
他社の施設との差別化となる存在です。

介護施設で「コンシェルジュ」がいるというのは珍しいと思います。

――コンシェルジュの仕事について教えてください。

「コンシェルジュ」の仕事は、普段お客様とお話しすることが中心です。

会話の中で、お客様のご要望や、不安、クレームなどにも、耳を傾けています。
対応できるところはご提案をして、その場で解決していきます。

また、ホーム全体にお客様の声を伝えて、お客様がお過ごしやすいようにサポートすることが「コンシェルジュ」の役割になります。

介護サービスを支える、コンシェルジュの存在

チャーム・ケア・コーポレーションのホームの中でも
個別のケアに重点を置く、最高級のサービスを特徴としている
「チャームプレミア」「チャームプレミアグラン」シリーズのホームには
コンシェルジュを配置しています。

コンシェルジュは、チャームケアの「接遇」を体現するポジション。
介護サービスにおける挨拶やおもてなしを、高い水準でご提供し続ける役目があります。

日々の生活や健康を支える介護スタッフの指導にも、
熱意を持って取り組んでいます。

介護スタッフが拾いきれないお話を聞く

――今の仕事のやりがいは?

介護スタッフは、常にご入居者様と接していますが、
身の回りのお世話や、業務がいろいろとあります。

お話をするためだけの時間はどうしても短いので、
なかなか深いところまで聞けないという課題があります。

コンシェルジュは、
「お客様の声をしっかりと聞く係」としての時間がありますので、
お客様が欲していること、不安になっているところを感じ取って、
お話させて頂いています。
心を開いてお話いただけたときは、やりがいを感じられますね。

挨拶、心配り、思いやり…「接遇」を大切に

――スタッフを指導する際に、気をつけていることは何ですか?

その他に、新入社員や、日々のスタッフの行い、
振る舞いに関しての接遇、マナーの指導を行っております。

挨拶は、心を込めなければ、お客様に失礼にあたります。
しっかりとお客様の目を見て、
最後まで感謝の気持ちを忘れないことを伝えています。

チャームケアの「接遇」は、
心からの挨拶、心配り、思いやりを非常に大切にしています。
「接遇」は特に深く、強く指導をしています。

コンシェルジュがいるのはチャームケアの強み

――チャームケアの強みはどこでしょうか?

通常、介護業界の他社では、
ホームのスタッフが、ご見学のお客様を接客します。

そこに、コンシェルジュが同行することで、
営業目線ではなく、お客様目線で考えて、
お客様がどのような点で不安を感じているかを、
ご入居者様や、ご家族様に、聞きだすサポートができます。

コンシェルジュは、他にはないチャームケアの強みです。

チャーム・ケア・コーポレーション【佐藤コンシェルジュ】

チャームケアの介護サービスを支えるコンシェルジュは、
現在、全国で7名在籍しています。

航空業界からの転職でコンシェルジュ職に就いた
沼倉真由子さんへのインタビュー記事はこちら。(↓)

関連する記事

関連するキーワード

著者