国のデータで見る、介護業界の平均給与

厚生労働省が発表している
「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」をもとに
介護業界の給与について詳しくお伝えしていきます。

この調査は、介護職員処遇改善加算(※)Ⅰ~Ⅴを取得した
事業所を対象に実施しています。

処遇改善加算の取得状況は91.1%となっています。
残る8.9%は、処遇改善加算を取得していないため
もう少し給与額が下がるかもしれません。

また、「都道府県の最低賃金の差」にもよりますので
一律にこの金額が基準、というわけではありません。
ひとつの参考としてとらえてくださいね。

※介護職員処遇改善加算とは?
厚生労働省が設けた制度で、介護職員のキャリアアップの仕組みづくりや、
働く環境の改善を行った事業者に加算されます。
加算分のお金は、処遇改善を行うため・賃金改善のために事業所に給付されます。

介護業界の平均給与は年々アップ

まず、介護職員の給与について見てみましょう。
※月給・常勤の方の場合

【平成29年】
勤続年数1年~4年 平均給与額 264,670円
勤続年数5年~9年 平均給与額 285,480円
勤続年数10年以上 平均給与額 325,980円

【平成30年】
勤続年数1年~4年 平均給与額 279,350円 前年比+14,680円
勤続年数5年~9年 平均給与額 295,450円 前年比+9,970円
勤続年数10年以上 平均給与額 334,140円 前年比+8,160円

このように、すべての年数の方で給与が上がっているんです!

国からの加算があることも影響して、近年は給与が上がり続けています。

介護の専門資格を取ると給与が上がる!

保有資格別に平均給与額を見てみましょう。
※月給・常勤の方の場合

◆保有資格なし
【平成29年】平均給与額 252,490円 (平均勤続年数5.1年)
【平成30年】平均給与額 261,600円 (平均勤続年数5.2年)

◆介護職員初任者研修
【平成29年】平均給与額 273,920円 (平均勤続年数7.1年)
【平成30年】平均給与額 285,610円 (平均勤続年数6.8年)

◆介護福祉士実務者研修
【平成29年】平均給与額 280,400円 (平均勤続年数6.2年)
【平成30年】平均給与額 288,060円 (平均勤続年数6.5年)

◆介護支援専門員
【平成29年】平均給与額 343,760円 (平均勤続年数9.3年)
【平成30年】平均給与額 349,980円 (平均勤続年数11.4年)

◆社会福祉士
【平成29年】平均給与額 321,510円 (平均勤続年数5.9年)
【平成30年】平均給与額 336,340円 (平均勤続年数7.4年)

◆介護福祉士
【平成29年】平均給与額 304,630円 (平均勤続年数7.6年)
【平成30年】平均給与額 313,920円 (平均勤続年数8.4年)

こちらも、1年ですべての職種の給与が上がっています。

保有資格なし261,600円と、介護福祉士の313,920円を見比べると
やはり、勤続年数が長くなるにつれて資格の有無で差が出ているようです。

勤続年数は5年以上と、長く勤める方が多いのも特徴。

介護のお仕事は、実務経験が長くなればなるほど、
得た知識を活かして、資格の取得を勧められるケースが多いんです。
多くの企業では、資格手当が出るのも魅力ですね。

介護職の実働時間と給与の関係

しかし、勤務時間が伸びていて
給与が上がっているのであれば、純粋な改善とはいえませんよね。

そこで、実労働時間数にも焦点をあててみてみましょう。

【平成29年】
勤続年数1年~4年  166.2時間
勤続年数5年~9年  165.1時間
勤続年数10年以上  163.4時間

【平成30年】
勤続年数1年~4年  164.5時間 -1.7時間
勤続年数5年~9年  163.6時間 -1.5時間
勤続年数10年以上  161.7時間 -1.7時間

1年で、すべての方の実労働時間数が減っています。

実労働時間数が減って給与が上がっているので
働く環境は年々改善されていると言えるでしょう。

チャーム・ケア・コーポレーションは大幅給与アップ

2020年4月、チャームケアでは、給与改定を実施しました。

国税庁の平成30年度「民間給与実態統計調査結果」によると
介護業界の平均年収は約397万円。

チャームケアでは、日本の介護職の平均年収を上回ることができるよう
従業員の待遇改善に取り組んでいます。
昇給・昇格のチャンスは年1回あり、頑張りをしっかり反映させています。

↓↓詳しい年収・月収の金額、賞与の支給金額例などはコチラをチェック↓↓
給与を上げることは、スタッフのモチベーションにもつながりますし
長く続けてもらうためにも、とても大切なこと。

正確な介護の知識を得るための研修制度や
キャリアパス制度も完備しています。
資格手当も充実しているので、ぜひステップアップを目指してくださいね。

チャームケアでは基本的に残業はありません。
やむを得ず残業した場合も、1分単位で時間外手当を支給しています。
また、着替えや準備の時間も勤務時間に含まれますよ!
※チャームケアの残業削減の取り組みについて、
気になる方はこちらの記事をチェック!♪(↓)
ちょっとうれしい、バースデー休暇もあるんです。
従業員の誕生月に、好きな1日を、有給扱いでお休みが取れる制度。

チャームケアの、スタッフを大切にする気持ちが込められた、ユニークな制度ですね。

チャームケアの介護職として働くメリット

他にも、チャームケアで働く際のメリットをご紹介します!
お給料として関わるものだけでも、たくさんあるんですよ。

(例)
◆賞与を年2回支給
◆結婚・出産のお祝い支給
◆傷病・弔事・災害時のお見舞い支給
◆資格取得時に報奨金支給
◆スタッフ紹介制度
◆夜勤手当・時間外手当・資格手当 …etc

他にも、休暇制度の充実・取得推進、
キャリアパスの見える化も行っており
モチベーション高く働ける環境をご用意しています。

介護業界の待遇は改善されている

厚生労働省が発表しているデータからわかるように、
介護業界は、給与や働く環境の改善がどんどん進んでいます。

現在の日本が直面している高齢者社会。
介護の需要はこれからも高まり続けるでしょう。

これからの発展のためには、
介護スタッフが安心して働ける職場づくりは必要不可欠。

チャーム・ケア・コーポレーションは、
「介護業界でいちばん働きやすい会社」を目指して、これからも進んでいきます!

関連する記事

関連するキーワード

著者