PHSにはないインカムの良さ

──これまで業務で使用していた連絡ツールについて教えてください。

これまでは、ホーム内の連絡手段としてPHSを使用していました。
使用するタイミングは、ご入居者様からのナースコール、スタッフ間の連絡時です。

PHSでは、連絡が個人対個人でのやりとりになるのがやや不便と感じていました。
基本的に、ホーム内の情報はすべてスタッフ一人に対してではなく、全員に共有したいことが中心です。
一人ひとりに連絡するのに何かと手間がかかっていました。

──現在使用しているインカムについて教えてください。

インカムは、片耳にイヤホンをつけて話を聞き、胸元につけたマイクを使って発言します。
インカムを付けている全員に一度に伝えることができるのがメリットです。

特定の人に伝えたい場合は、話始めに「◯◯さん」と名前を入れることで、伝えたい相手を指定することができます。

共有したいことがあるとき、一度話せば一気に複数名に伝えられるので、情報共有ツールとしてインカムは非常に便利です。

前職での経験からインカムの導入が決まった

──インカム導入までの流れについて教えてください。

私の前職はサービス付き高齢者住宅で、インカムを使用していたんです。

住宅型の高齢者施設は、各お部屋でサービスをご提供するため、スタッフがどこにいるか瞬時に分からないことが多く、インカムがあった方が便利なんですよね。

チャームスイート東逗子のホーム長になる際、居室数やスタッフの数を踏まえ、インカムを使用した方が良いと課長に相談しました。

前職でのインカムの活用方法やメリットを伝えたところ、すぐに導入を進めていただけたので、課長には感謝しています。

インカムだけに限らず、チャームケアは会社全体として現場から出た声を聞き、柔軟に対応していただけることが多いので、本当に助かっていますよ!

インカムはコミュニケーションツールとして最適

──インカムを使用されていて一番良かったことを教えてください。

やはりコミュニケーション面ですね!
チャームスイート東逗子では、出勤時にインカムを使って必ず挨拶をするようにしています。

スタッフによっては、ご入居者様のお部屋の行き来が多く、朝出勤してから帰るまで事務所に立ち寄る間がないこともあるんです。

同じ建物で同じ時間に働いているにも関わらず、顔を合わせられないスタッフがいるので、必ず全員インカムで挨拶をしています。
「休憩いただきまます」「休憩戻りました。ありがとうございました」「本日はお先に失礼します」など、インカムで発信すれば、「お疲れ様でした」と必ず他のスタッフが反応してくれます。

リアクションがあると心強いですし、モチベーション向上にもつながり、コミュニケーションツールとしても最適ですね!

今となっては、スタッフからも「インカムがないとなんだか不安。考えられない!」という声があがっているくらいですよ(笑)。

スタッフから新しいアイディアが生まれる環境

──オープンから約10ヶ月経った東逗子の状況を教えてください。

ご入居者様が増えたことはもちろん、スタッフの数も増えました。

新規採用のスタッフのみでオープンしたため不安もありましたが、介護業界の経験を活かせる方が多く、頼りになるスタッフばかりです!

私が、前職でインカムを使っていた経験を元に課長に提案させていただいたように、他のスタッフも「私が前にいた介護施設ではこうしていました」と、積極的に意見を言ってくれるんです。
ホーム長として助かっています!

──具体的にどんな意見があるのでしょうか?

毎食後、コーヒーか紅茶をお選びいただき、ご入居者様にご提供しています。
以前は、パントリーで淹れたものをお一人分ずつトレイに乗せて、ご入居者様のもとにご提供させていただいていました。
チャームスイート東逗子の建物は、縦に長い構造になっているため、一番奥に座られているご入居者様にご提供するまで、かなり時間がかかっていたんです。

そこで、スタッフから「前職ではコーヒーワゴンを使って運んでいたんです」というお話が出て、導入してみることにしました。

結果的に、コーヒーや紅茶を複数同時にお持ちすることができ、ホテルのような高級感もありますし、安全かつ素早くご提供できるようになりました!

※チャームスイート東逗子オープン時に、稲毛ホーム長にインタビューした記事はこちら!

介護の楽しさを感じながら働いてほしい

──最後にこれから入社される方へのメッセージをお願いします。

介護の仕事の楽しさを感じながら、働いていただきたいですね!

介護職にはネガティブイメージをお持ちの方も多く、暗い・きつい仕事と思われがちです。
私自身、長く介護業界に携わっていますが、仕事をしている中で毎日笑っていて楽しいことがたくさんあります!

新卒の方や未経験から入社される方は、きっと不安ですし最初は緊張するでしょう。
私をはじめ、スタッフ全員でサポートしながら、仕事の楽しさを伝えていきたいですね!

働いていく中で、インカムの導入のように、気づいたこと・改善すべき部分などがあれば、積極的に提案していただきたいですね。
あなたの意見を柔軟に取り入れる先輩たちがお待ちしていますよ。

関連する記事

関連するキーワード

著者