大学で音楽療法を学んだ私が、チャームケアを選んだ理由

――チャームケアを選んだ理由を教えて下さい。

私は大学時代、音楽学科で「音楽療法」を学んでいました

大学3~4年生になると、高齢者の方がいらっしゃるホームに音楽療法をする実習があるんです。

週1回、介護施設に行く機会があって、
「お年寄りの方と接しながらお仕事ができたらいいな」
と思ったことから、介護業界に興味を持ち始めました。

介護業界も、それ以外も、数多くの業界を見ていましたが、
チャーム・ケアに入社した理由は、ホーム見学がきっかけ。

ホームの様子や、スタッフの方々の雰囲気を実際に見て、すごく介護のイメージが変わりました!

また、面接する中で、人事の方が、
ひとりひとり、私のことをちゃんと見て選考してくれてるなぁと感じ、好感を持ちました。

あと、ミーハーですけど、
純粋に、ホームが綺麗なとこだったのでいいなぁ~と思いました(笑)。

音楽療法士は、音楽の力で介護をサポート。認知症改善に効果あり

音楽療法士とは、身体・精神に症状がある方に対して、
音楽によるリハビリテーションを行い、
心身のサポートや、生活の質の向上を目指す専門資格
です。

音楽を鑑賞したり、楽器を演奏したり、歌を歌うことは、
ご入居者様の心と身体に良い影響を与えます。

音楽には、感情中枢や副交感神経・交感神経に訴えかけ、
脳内物質の分泌を促進したり、抑制したりする作用があるから。

音楽の持つ力は、想像している以上に大きなものなんです。

ですが、私は、音楽療法だけでご入居者様と関わるのではなく
生活全般をサポートできる介護スタッフになりたいと思っています。

介護のイメージが変わった!時間がゆったりしている

――介護のイメージは、どう変わりましたか?

最初は、介護のお仕事って、本当にずっとバタバタしているだろうなぁ、とイメージしていました。

私の祖母が老人ホームに入っていたんですが、
そのホームで働く人たちが、すごくバタバタしていたので…。

ですが、チャームのホーム見学をしたときに、時間がゆったり流れていて、
スタッフの方々の働く雰囲気もとても落ち着いているなぁと、感じました!

実際入社してからは、自立したスタッフが多いことに驚きましたね。

それに、ゆったりして見えても、きちんとやるべきことをやっているので、感心しました。
私もそうなりたいな、って思っています。

ゆくゆくは、これまで学んできた音楽療法を
レクリエーションなどで活かしていきたいですね。

失敗や挫折を克服して、乗り切れたエピソード

――これまでの失敗談を教えてください!

最初は覚えなきゃいけないことがたくさんあるので、
仕事はとても大変で、慣れるまではいろいろと悩むこともありました。

いちばん大きな失敗は、何度か先輩と一緒に夜勤に入ったあと、初めて夜勤を独り立ちした日。

ひとりで焦ってしまって、ご入居者様への対応がおろそかになってしまったんです。

ご入居者様にお叱りを受けて、すごくへこんで泣いてしまって…。

そのときは、自分の焦りのせいでご迷惑をおかけしてしまったな、と反省しました。

でも、先輩たちがたくさんフォローしてくれて、ありがたかったです!

お怒りだったご入居者様とも、次の日には普通に話せる感じになったので、よかったです(笑)

ご入居者様に接するポイントは、笑顔で心を開くこと

――ご入居者様へは、どのように接していますか?

「笑顔でいること」と、「自分から心を開いている」ということが大切だと思います。

例えば、私の発言で、ご入居者様を怒らせてしまったり、
嫌な思いをさせてしまったとき、謝るのは当然。

ホームに来られるまでにも、ご入居者様それぞれの人生があるので、
それを尊重した介護サービスを心がけています。

各ホームには、ご入居者様の生い立ちや、パーソナリティに関する記録データがあるんです。

その方が、思い入れのあるものや、こだわってこられたことなど、
いろいろと知ることで、少しずつ距離を縮めていこうとしています。

チャームケアは、スタッフの仲が良い!

――チャームの自慢を語ってください!

とにかく「スタッフの皆さんの仲が良い」というのは間違いないですね。
ホーム見学のときから、すごく感じの良い人たちだったので、
こういう人たちと働きたいなぁと思いました。

明るくて、親切で、わからないことも丁寧に教えて下さいます。

私は結構細かい性格なので、
ほかの人が「どうでもいい」と思うようなことも質問してしまうのですが、
そのたびに優しく教えていただいています。

ご入居者様への接し方で困ったときにも、よく相談しています。
先輩たちは、経験と知識に基づいた、いい意見をくださるので、私もそうなれるように努力します。

仕事で、「出勤したくないな~」と思ったことは、一度もないです!
これってすごいことですよね。
※こちらの記事は、取材当時の情報です。現在、塩澤さんは、リーダーに昇格して活躍されています。

チャームで活躍するスタッフ紹介 ~2016年卒入社 塩澤文英さん~

関連する記事

関連するキーワード

著者