チャームケアの歴史を知る方にインタビューする新シリーズ、第2回は
介護事業部課長、森本さんにお話をお聞きしました!

長く勤めている方だからこその視点で、
チャームケアの成長や、改善された部分を
昔と比較しながら語っていただいています。

介護事業部課長の仕事内容

──森本さんの仕事内容について教えてください。

介護事業部の課長として、
毎日、担当エリアのホームを巡回して、
ホーム長やスタッフの様子を見たり、
管理職の悩み相談に応じたりしています。


介護事業部の課長職は全国で7人。
関西に5人、首都圏2人おり、
私は、兵庫全域と大阪の一部のホームを担当しています。

各ホームへの巡回は週1回。
オープン間もないホームは手厚く、
安定しているホームは、月2~3回のペースで訪問しています。

以前は、ホーム長の中でも歴の長い方が
自分の仕事と両立して、新米ホーム長の教育をしていました。
ですが、現在はその教育を課長職が担当しています。

ホーム長だけではなく、スタッフの悩み相談にものっていますよ!
「課長だから」と遠慮せず、気楽に相談をしてくれると嬉しいです。
直属の上司には言いにくいこともありますからね。

チャームケアの改善ポイント1|研修制度

──働く環境が改善されたと感じる点を教えてください。

チャームケアに長くいると、
働く環境が年々よくなっているのがわかります。

たとえば、研修制度。

昔は教えてもらえる制度がなかったので
先輩のやり方を現場で見て、学んでいました。

もちろん、先輩たちは優しく教えてくださいましたが、
当時の私は研修を受けたことがなかったです(笑)

今は教育研修課があって、定期的な研修が受けられます。

基礎から介護の知識を教えていただけますし、
介護の取り組みも、きちんと研究に基づいた根拠があって行っています。

根本的な介護スキルが学べるようになったおかげで、
個人の成長スピードも早くなってきているんですよ。

チャームケアの改善ポイント2|管理職のサポート

管理職のサポート体制がよくなったと実感しています。

スタッフだけではなく、ホーム長になった方に対しても、
ていねいな指導や教育制度があります。

ポジションに応じた研修も実施されています!

昔、新米ホーム長だった頃、わからないことがあったら
社歴の長い、近隣のホーム長に質問していました。

今は、ホーム長など管理職にも
「会社がしっかりとフォローしてくれている」という実感がありますね。

森本さん(左)と、チャームプレミア御影のホーム長、奥浦さん(右)

上の写真は森本さん(写真左)のお仕事風景。
担当エリアのホーム長とミーティングをしています。

一緒に写っているチャームプレミア御影のホーム長、
奥浦さん(写真右)に、インタビューした記事もありますので
ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね。(↓)

「オープニング」「介護付き有料老人ホーム」に惹かれて

──森本さんがチャームケアにご入社されたきっかけは?

もともと、ほかの有料老人ホームでの介護職をしていたのですが
他の介護形態も経験したいと考え、さまざまな施設で働きました。

いろいろ経験した上で、「やっぱり有料老人ホームがいいな」と思い
チャーム奈良公園の求人を見つけて、応募したのがきっかけ。

応募した理由は、オープニングだったから。
当時、チャーム奈良公園はオープンして半年ほどで
今なら馴染めそうかなと思ったんです。

仕事を始めてみると、
上から「決まってるからこうして」と言われるのではなく、
自分たちで考えて作っていけたのがとても楽しかったですね。

決められたことをこなすだけではなく、
自分の考えを発言できる・実現できる社風というのは
この当時からそうでしたし、今も変わっていません。

とりあえず、やってみる。飛び級でホーム長へ

──森本さんが、ご入社後、ホーム長に昇格された経緯を教えてください。

当時、介護リーダーだった頃、上司に「やってみる?」と言われて、
いきなりホーム長に昇格したんですよ(笑)

今は、キャリアパスが明確化されているので安心してくださいね!

もともと、「なんでもNOと言わずに、とりあえずやってみよう」
「やってみてダメだったら考えよう」という考え方。


「言われたからにはやってみよう」という気持ちで引き受けました。

はじめに働いたチャーム奈良公園で、当時ホーム長だった方も
この「なんでも挑戦してみる」という考え方の持ち主で、
本当にお世話になりました。
今でも尊敬しているんですよ。

共感できて、尊敬できる考え方に出会えて、
下村社長のポリシー、3つのCにも合っていたからこそ
ここまで長く続けてこられたのかな?とも感じています。

チャームケアの3つのC

──3つの「C」とは?

チャーム・ケア・コーポレーションの社名は、
3つの「C」からできています。(Charm Care Corporation)

この3つの「C」には、もうひとつ意味があるんです。

困難なことも、「チャンス」(Chance)ととらえて、
積極的に「チャレンジ」(Challenge)していくことが、
常識や過去にとらわれない、
新しい自分に変わる(チェンジ:Change)きっかけになる!


チャームケアの原動力となっているポリシーです。
このチャレンジ精神で、異業種から介護業界に飛び込んだ下村社長。
インタビュー記事もあわせてチェックしてくださいね。(↓)
チャームケアの歴史シリーズ第1回でお話をお伺いした、
日野さんのインタビューにも、3つの「C」が登場します。
気になる方はチェックしてみてくださいね。(↓)

ホーム長として心掛けていたこと

──ホーム長に昇格されてから、気をつけていたことはありますか?

常にまわりから見られている、という意識を大切にしていました。

もし、ホーム長である自分が間違ったことをしていたら
スタッフたちも「これでいいんだ」と思ってしまう。


ご入居者様への言葉づかいでも、
お手本になる、模範的な対応をするようにしていましたね。


──これまでホーム長をされていたのはどちらでしたか?

最初はチャーム守口おおくぼ、
チャームスイート緑地公園・チャーム尼崎東園田(立ち上げ時)
・チャームスイート宝塚売布と、4箇所でホーム長をつとめました。

チャームケアには、ホーム長以外にも
「グループマネージャー」というポジションがあった時期もありました。
イメージとしては、エリアマネージャーに近いと思います。
そのときは、奈良方面のホーム長の支援をしていましたね。

組織の再編でグループマネージャーはなくなり、
今の私のポジションに、その仕事は引き継がれました。
2018年から課長職ができたんですよ。

職場環境が良くなり、ホーム長や管理職を目指す人が増えた

──昔とくらべて、今見えてきたことなどはありますか?

例として、研修や管理職のフォロー体制をあげましたが、
昔より確実に会社は成長し、環境も良くなってきています。

その証に、ホーム長をめざす方が増えたと感じています。

昔はホーム長になりたいというスタッフが少なかったんです。

分からなくても自分で考えて動くしかないですし、
スタッフから「ホーム長ってしんどそう」「何しているか知らない」と言われることもありました(笑)

ホーム長を目指す方が増えているのは、
「やってみたい」「自分にもできるかも」と思ってもらえているということ。


キャリアパスや仕事内容がイメージできて
ホーム長が楽しそうにイキイキと働けているからだと思います。

介護スタッフから管理職にキャリアアップ可能

──介護スタッフからホーム長を目指せる体制があるんですね。

もちろんです!
社長は、どんどん前を向いて事業を推進していくので、
ホーム数も増え、それに伴いポジションも増えています。

つまり、チャームケアはポストが多く、
昇格のチャンスが豊富だということ。
経験・年齢問わず、上を目指せる環境です。


もし、キャリアアップをしていきたいのであれば、
積極的に手をあげてくださいね。


どうすればリーダーやホーム長に昇格できるかを一緒に考え、
そのために価値ある仕事を任せて、経験を積めるように配慮します。

きちんと頑張っている人を評価する制度が整っているので
やる気をもって、「上を目指したい」と表現してくれる方を
全面的にバックアップしていきますよ!

大切なのは、管理職がイキイキ働ける環境

──最後に、森本さんの今後の目標を教えてください。

昔より環境が整備されたとはいえ、ホーム長だって人間。
大変だし、孤独なんです!
これはどの業界でも、上に立つ方には共通することかもしれません。

でもそれ以上に楽しみ、やりがいがあります。
そのことを忘れず、モチベーションを保ちながら
楽しく・やりがいをもって働いてほしい。

自分の経験を活かして、ホーム長になった方に寄り添い
より良いホームづくりができるようにサポートしたいですね。

ホーム長自身がイキイキ働いている様子を見せることで
「ホーム長になりたい」という方をもっと増やしたいです!

それこそが、会社の成長と発展につながると思っています。

関連する記事

関連するキーワード

著者