介護スタッフが定着するためのストレスケア・福利厚生

介護職は、とてもやりがいのある仕事です。
ですが、さまざまな理由で、残念ながら
「辞める」という選択肢をとる方もいらっしゃいます。

「チャームPOINT」を運営している、株式会社チャーム・ケア・コーポレーションは、
全国に介護付有料老人ホーム展開をしており、従業員は2000名以上。
介護サービスを提供している上場企業です。

介護現場で頑張ってくれているスタッフのために
ストレスケアの対策や福利厚生の充実は必要不可欠なもの。


前半ではストレスを感じる瞬間やその原因について、
後半ではチャームケアのストレス対策として
休日数や職場の雰囲気、福利厚生についてご紹介します。

介護職員が感じる疲れ・ストレス、6つの理由

介護職の方がストレスに感じること、疲れる原因のうち
代表的な6つを解説していきます。

介護職のストレス1|人手不足で仕事がきつい・休めない

「職場から人がいなくなって、休みが全然とれない」
「残業しないと仕事がまわらない」
「お休みの希望が出せないし、言い出せない雰囲気」
「お昼休みは、電話番をしながら・ご入居者様とお食事しながらしかとれない」

このような働き方をしている介護職の方は、残念ながら少なくありません。

介護業界は、長期高齢化社会に向けて需要が高まる一方で、
慢性的な人手不足に陥っているのです。

介護職のストレス2|人間関係に悩みがある

介護職は、さまざまな年代・職種の方と関わるからこそ、コミュニケーションがとても重要。

ですが、職場の人間関係が悪いと、
悩みを相談したくてもできず、気を使いすぎて疲れてしまいます。

介護職はチームワーク。
人間関係でうまくいかないと、仕事がやりづらく、ストレスの原因となります。

介護職のストレス3|お給料が安い・仕事に見合わない

介護職は、社会的に非常に意義のある仕事ですが
努力や働きぶりが報われず、給与や評価につながらなければ、
モチベーションは下がるばかり。

たとえば、食事介助ひとつとっても、
動作や手順、心構えなどの専門知識が欠かせません。

「こんなに頑張っているのに…」と不満に思いながら働くのは
ストレスになり、離職にもつながります。

介護職のストレス4|夜勤など、肉体的・体力的にきつい

介護職をずっと続けてこられたベテランスタッフでも、
「年齢を重ねて、入浴介助が体力的にきつい」
「介助時に腰を痛めてしまった」ということがあります。

夜勤を含む不規則なシフトによる負担もあり、
日常生活でも膝や腰の痛みに悩まされると、
介護の仕事を続けられなくなることもあります。

介護職のストレス5|会社の運営方針とやりたい介護が違う

「ご入居者様に寄り添った介護をしたい」と思っているのに、
会社の方針で営業や効率の方が優先されてしまうと、
ギャップからストレスを感じやすいもの。

本社・管理職からの指示に現場感がなく、温度感に差を感じると
「介護の仕事は好きだけど、この会社ではやっていけない」と感じる方もいらっしゃいます。

介護職のストレス6|クレーム対応

クレーム対応がストレスというのは、どの業種でも同じかもしれません。

心をこめて介護を行っていても、ときにはご入居者様やご家族様と
行き違い、コミュニケーションがうまくいかないことも。

利用者様・ご入居者様や、ご家族様とは
一時だけではなく、長くお付き合いすることとなるため、
対人関係でストレスを感じる方は少なくありません。

チャームケアのストレス対策・取り組み

介護のお仕事で、ストレスを感じてしまうタイミングや原因や例をあげてきました。

チャームケアが、企業として
働くスタッフのために、どのような対策や取り組みをしているのかを紹介していきます!

チャームケアの対策1|休日・休憩の充実、残業削減

まずは1つめの「人手不足」について。

人手不足は、介護業界に共通していること。
チャームケアでは、個人のプライベートを大切にできるように
休日・休暇の充実や有休消化を推進しています。

「仕事が多すぎて残業になってしまう」
「正社員だと有給申請がしにくい」ということは、まずありません。
上司から次の休み希望について、聞かれるくらいですよ!

スタッフにしっかり休んでもらえるよう、
スタッフルームを完備しています。
ご入居者様の様子を見ながらでは、休憩にならないですからね。

レクリエーションや季節のイベント実施時も
ひとりひとりの休憩時間をスケジュールに組んで、運営しています。


※休憩時間や有給取得など、お休みについてより詳しく知りたい方はコチラ(↓)

チャームケアの対策2|人間関係で悩むことのない風土づくり

そして、2つめの人間関係について。

チャームケアは、どのホームも人間関係の良いところばかり。
「次に仕事をする人のことを考えて動こう」という風土が根付いており、
気配りができるスタッフが多いのが自慢。

例えば、妊娠したスタッフが産休に入るまでの間、
今まで通りの介護の仕事が難しい場合は
事務所内でできる装飾づくりをメインで行ってもらったり。
子どもの入学式などの行事は、お休みを取って出席してもらったり。

決して特別扱いではなく、組織全体で助け合いの精神があります。

「ホーム内の人には言いづらい…」ということがあっても、
定期的に複数のホームを統括し、巡回している課長がいますので、
ホームの責任者であるホーム長を超えて、相談することも可能ですよ。

※課長職である坂田さんのインタビューでは、
ホームの方の悩みを聞いて、離職率を改善した事例を紹介しています!(↓)
※内定者がチャームケアに入社を決定した理由は、大半が「人の良さ」でした(↓)

チャームケアの対策3|給与を大幅アップ&手当も充実

次は3つめ、お給料について。

チャームケアでは、日本の介護職の平均年収を上回ることができるよう
スタッフの待遇改善に取り組んでいます。


「頑張っているのに評価されない」ということが起きないように、
定期的に研修・面談を行い、キャリアパスを見直しています。

研修・面談では、例えば「リーダーになりたい」のであれば、
そのために、「この資格を取ろう」「この実技を磨こう」と、
目標を分かりやすくすることで、自分の理想をどう実現できるのかを明示します。

チャームケアでは、管理職を目指したいと手を挙げてくれる方も多いんです!
上司たちがイキイキと楽しそうに働いているからこそ
自分もそうなりたい、キャリアアップしたいと思えるのです。

昇給・昇格のチャンスは年1回あり、頑張りを正当に評価できる環境です。

※チャームケアの給与や介護業界の給与についてはコチラ!(↓)

チャームケアの対策4|ライフスタイルにより働き方を選べる

次に4つめ、体力的な面でのストレスについて。

チャームケアでは、介護付有料老人ホームをメインに運営。
介護度が高い方は、比較的少なめ。
体力のいる仕事はチームで分担して対応しています。

チャームケアには、時間給社員という制度があります。
時間給社員とは、週30時間以上の勤務で
時間帯や曜日、休日などの相談ができる働き方です。

雇用期間に定めがなく、社員並みの待遇をご用意。
また、将来的に正社員⇔時間給社員を切り替えることが可能。
長く勤めていて、「体力に不安がでてきた」という方も安心ですよ。

パート勤務は、週1日~OK。
ご自身のライフスタイルに合わせて、シフトが調整できます。

※時間給社員について詳しく知りたい方はこちら(↓)

チャームケアの対策5|なんでも発言できる雰囲気

5つめは、運営方針と理想の介護のギャップについて。

チャームケアでは「介護はサービス業」と位置づけ、
おひとりおひとりに寄り添った介護を目指しています。

風通しが良く、気兼ねなく発言しやすい環境で、
立場に関わらず、良いものはどんどん採用していくのがチャーム流。

中途入社の方や、同業他社からの転職者の方など、
新しく入ってこられた方だからこその視点を大切にしています。
「こうしたほうがもっと良くなる」という意見は、素直に教えてくださいね。

スタッフによる紹介制度で入社された、大角ホーム長は
『企業全体のフットワークが軽くて、
一人ひとりの意見を取り入れていく柔軟性があると感じています。
自分が頑張ったら、頑張った分だけ環境をより良くしていけるのが、
チャームケアのいいところです。』
とコメントされています。記事はこちら(↓)
『大きな組織になればなるほど「本社と現場」に差が生まれがちですが
チャームケアはそういったところが全くありません。』
こう語ってくださったのは、転職組の稲毛ホーム長。記事はコチラ!(↓)

チャームケアの対策6|失敗時などのメンタルケア

最後に、クレームについて。

研修では、ご入居者様の認知の状態などをお教えしています。
正しい介護知識を深めることで、
「この方は、お体の影響でこんなお言葉になってしまうんだな」といった心構えができます。

それでもクレームが起こってしまった場合は、
個人に責任を負わせすぎず、状況を把握し対応をしています。

全ホームに防犯カメラを完備し、何かあれば映像を確認可能。
介護記録が電子化されており、データを蓄積しています。
しっかりと状況を把握し、必要に応じてスタッフを守れる環境です。

新人さんのメンタル面を支えるため、メンター・メンティ制度を取り入れています。
メンターとの定期的な面談があり、不安なこと・つらかったことを相談できますよ。

※チャームケアのメンター・メンティ制度の記事はコチラ!(↓)

ストレスを軽減し、介護職を長く続けられる環境作り

介護スタッフが、ストレスを感じるタイミングや原因、解消方法をご紹介させていただきました。

どんな仕事にもストレスはつきもので、うまく折り合いをつけることも必要ですが
過剰なストレスを抱えながら働くのは、長続きしませんよね。


チャームケアでは、スタッフに少しでも楽しんで働いてもらえるように
さまざまな体制・福利厚生・職場の環境づくりに取り組んでいます。

この記事に使われている写真はすべてチャームケアのホーム。
高級ホテルのようなキレイなホームばかりですよ。

ぜひ、ご興味を持たれた方は私たちと一緒に働きませんか?
あなたとも面接でお会いできるのを楽しみにしていますよ!

※介護職の離職理由や離職率についての記事もあります。
気になる方はこちらから、下記リンクをクリック!(↓)

関連する記事

関連するキーワード

著者