工場内作業から介護業界に転職した理由

――これまでのご経歴を教えて下さい。

チャームケアに入社する前は、
プラスチックの押出成形の工場作業を10年くらいしていました。

この頃から、漠然とではありますが、親の介護を意識するようになったんです。

両親はどちらも元気ですし、病気もしていないのですが、
いずれ自分が介護をすることになるんだろうと考えたら、
少しでも、介護に関する知識や経験を
学んでおいた方が良いのではないかと思うようになりました。

工場を退職したあと、
1年ほど、ショベルカー組み立てのライン作業を行っていました。

本当は、介護サービスの世界に飛び込みたい思いがありましたが、
収入面の不安もあったので、ためらっていたんです。

チャームケアなら、収入面の不安を払拭できた

――そんな中、チャームケアに転職した決め手は何でしたか?

看護師をしている妻の助言も受けつつ、
さまざまな求人情報を見ていました。

「チャーム四條畷」の介護スタッフ募集を見つけたとき、
「ここなら大丈夫だ」と気持ちが動きました。

その理由は、給与はもちろん、待遇や福利厚生が充実していたこと。

上場企業で、安定して経営しており
母体がしっかりしているところが魅力でした。

自宅からバイクで10分ほどの場所で、通いやすさにも惹かれました。

未経験スタートでも、1ヶ月で自立できる研修制度

――未経験でチャレンジすることに、不安はありませんでしたか?

介護職員初任者研修の資格は取得していたものの、
介護サービスの現場はまったくの未経験でした。

不安もありましたが、
大阪・中之島にある研修センターで5日間の就業前研修があり、
座学と実技で介護サービスの基礎を学ばせていただきました。

ホームでの勤務が始まってからも、
先輩がマンツーマンで指導してくれるので、
基本的な作業は短期間で覚えることができました。

チャームケアなら、入社1ヶ月程度で、どなたでも一人で動けるようになりますよ。

入浴介助は1対1の緊張感がある

――特に大変だったことはありますか?

介護スタッフには、入浴・排泄・食事の3大介助が重要な仕事になります。

排泄に関しては意外なほどスンナリと対応できたんです。

未経験だった私にとって、最も気を使ったのは入浴の介助でした。
1対1で行う業務のため、特にミスが許されません。

慣れるまでは、かなり緊張感がありましたね。

やりがいは、ご入居者様の笑顔と感謝の言葉

――仕事のやりがいを教えて下さい!

介護スタッフのやりがいは、
なんといってもご入居者様の笑顔と感謝の言葉です。

名前と顔を覚えていただけると嬉しいですね。

認知症のご入居者様が、私の顔を見ると笑ってくださいます。
私の顔を覚えてくれているのが実感できて、その笑顔を見るたびに嬉しくなります。

ご入居者様のためにも、もっと介護サービスの技術や知識を身につけて、
一人でも多くの方にこのホームで良かったと思っていただきたいですね。

関連する記事

関連するキーワード

著者