介護の仕事は、サポートする側が元気をもらえる!

――チャームケアに入社して、印象はいかがですか?

介護の仕事は「きつい」というイメージがありましたが、実際そこまできついと感じたことはなかったです。

早い段階で仕事に慣れましたね。
単純に、ご入居者様の笑顔が見れるというのはすごいこと。

こちらがサポートする側なのに、逆に元気をいただけることが多いんです。
ご入居者様に喜んでいただけることが、「やりがい」​に感じています。

チャームケアの強みは、ご入居者を第一に考えること。

――チャームケアの強みはどんなところだと思いますか?

「職員みんなが笑顔を絶やさない」ということです。

チャームケアの理念にも、ご入居者様の思いを大切にする、ご入居者様に寄り添った介護をする、とあるのですが、まさにそのとおり。

例えば、ご入居者様が転倒したとき。
他の有料老人ホームを経営してる会社だったら、「この程度じゃ病院に連れて行かない」そうです。

自分はチャームケアしか知らないので、そんな話をホーム長から聞いて、驚きました。

チャームケアでは、ご家族様や、ご入居者様の思いを大切にします。
だから、それほどたいした怪我ではないと思っても、念のため病院で診てもらう。

本当に「ご入居者様を一番に考える」とはどういうことか、みんながいつも考えています。

小さなことを見逃さず、ご入居者様の思いをキャッチする

――細かいことも、ご入居者様の希望を汲み取って対応されているんですね。

ご入居者様によって、食べ物の好き嫌いも様々。
そんなとき、多数派に合わせるのはラクですが、そうではなくて、少数の方の意見も取り入れます。

そのために、スタッフが考えて、全員で対応していることも強み。

また、ご入居者様が見ているテレビのチャンネルにも配慮しています。
NHKが好きな方と、NHKが好きじゃない方が一緒にならないようにしたり…。

ほんとに、すごく細かいことなんですけど(笑)。
ご入居者様の日々の暮らしは、細かい事の積み重ねでできていると思うので、小さなことも大切にしていますね。

評価体制は、年功序列ではなく実力主義

――チャームケアの社風は?

実力主義ですね。
年功序列ではないです。

年齢が若くても、結果を残せば、認めてもらえます。
ちゃんと仕事をしている人が報われる体制。
僕に合っているし、すごくいいことだと思います。

職場環境が良いのも自慢。
自分を育てていただいたリーダーや、周囲の職員も、すごく良い人が多いです。
みんな、自分には持ってないものを持っているなとすごく感じてました。

同期とは月1回集まる仲

――プライベートではどんなことをしていますか?

普段は、マンガやゲームが好きですね!
たまには旅行もいきますよ。

同期とは、今でも月に1回会っています。
滋賀の山でキャンプしたりして、みんなでしゃべってストレス発散していますね。

大学の友達とは、富士山に登りました!
プライベートが充実していると、仕事もがんばれますね。

関連する記事

関連するキーワード

著者