私たちの営業から新しいホームが生まれる

――どのようなお仕事をされているかお聞かせください。

私は「不動産部」に所属しています。

業務内容は、主に個人様、法人様の土地に、オーナーとしてホームを建てて頂き、
我々がその建物をホームとして借り上げる「賃貸事業の提案」をしています。

さらに、今後、新規開設ホームを建てようと検討する
新たな「土地」を探す仕事です。

ご入居者様にも、スタッフにも、駅からの距離が重要

――ホームの土地は、どういった条件で探されるのですか?

現代の価値観の変化に合わせて、ホームの土地の条件も変わってきています。

昔は、駅から20、30分離れたところが多かったのですが、
今は、駅からの距離が近いことが重要です。

大切なのは、ご入居者様のご家族様が、気軽に面会ができる立地であること。
そして、働くスタッフが、通勤アクセスがよく、通いやすいこと。

この2つのメリットがあります。

もちろん高齢者の方のニーズがある地域でないといけません。
マーケット調査は事前に必ず行います。

チャームケアの業績が好調なのは、社長の力

――チャームケアが業績好調な理由は?

チャームケアの伸びている秘訣を一言でいうと「社長」です。

社長が先陣を切って、組織を大きくしていこうというところが一番大きいです。
社長の思いが社員に浸透し、成長イメージが見えています。

我々は、まだまだ会社としてもこれからですし、
自分たちの力で、会社を大きくしていくことができる会社です。

チャームケアの強みは建物にあり!

――チャームケアの強みはどんなところですか?

ホームのハード、つまり「建物」は、他社には負けない自信があります。
ホテルのようにキレイで、老人ホームのイメージを一新しています。

社長はもともと建築業出身で、
建物にこだわりが強く、力を入れています。

ご入居者様が、終の住処として、
環境の良いホームに住んでいただけるように考えています。

中途入社から間もなくても、ストレスなく働ける!

――チャームケアはどんな会社だと思われますか?

チャームケアは、やりたいことがあれば、
チャンスを作ってもらい、実行できる場所です。

ストレスなく仕事ができているのは、職場環境がいいおかげ。

実は、私も、中途入社してから、まだそんなに期間が経っていません。
そんな自分が言っているので、証明はできているかと思います。

土地や建物という「ハード」を通して、組織の成長に貢献

――今後のビジョンを教えてください!

私のビジョンは、組織全体をもっと効率よく結果が出せるようにすること。

会社の主役は、介護スタッフが運営しているホームですので、
不動産部は、ある意味、縁の下の力持ちです。

ですが、私たちが土地やホームを建てなければ、
介護スタッフの方々も働くことができません。

今後も、働きやすい土台作りから、組織全体の成長に努めていきたいですね。

チャーム・ケア・コーポレーション【加藤次長】

関連する記事

関連するキーワード

著者