さまざまな「働き方」で生き方も選べるチャームケア

チャームケアは、ご入居者様に対して魅力的な介護サービスのご提供はもちろん、従業員に対しての働きやすさを約束している会社です。
3つの「C」のポリシーにもある通り、チャレンジできる機会とやりがいのある職場環境の実現を目指しています。

チャームケアには、従業員ひとりひとりが自身の「生き方」を選択していくために、さまざまな「働き方」が用意されています。
正社員以外に、時間給社員やパート、エルダー社員制度(定年後のシニアの方)、夜勤専従、障がい者雇用など、他社にはない数多くの雇用形態があります。

今回は、チャームケアが独自で設けている多様な勤務形態の中から、「限定正社員」の働き方をご紹介します。
ワークライフバランスを重視しながらも、しっかり働いてお給料をもらい、やりがいを感じられる働き方ですよ。

限定正社員制度とは

チャームケアの働き方のひとつ、「限定正社員」について解説していきます。

勤務形態|家庭やプライベートを優先させやすい働き方

限定正社員とは、週40時間の勤務で、時間帯や曜日・休日などの相談ができる働き方です。
たとえば「保育園のお迎えまでに帰宅したい」などという希望にも応えやすいのが特徴です。

限定正社員に異動はなく、正社員の半額のボーナスが支給されます。
勤務時間帯は、夜勤はない早番・日勤・遅番等のシフト制で、退職金等の福利厚生があります。

チャームケアでは、上記の勤務形態で、一般職の介護スタッフとして働く社員を「限定正社員」と呼称しています。

正社員との違い|夜勤がなく、プライベートと両立しやすい

介護職の正社員は、週40時間のフルタイム勤務、かつ日勤・夜勤などのシフト制で働いています。

総勤務時間は限定正社員と同様ですが、介護職正社員は夜勤があり、希望休は月2日までとなっています。
そのため限定正社員は、正社員と比べて家庭やプライベートとの両立しやすさがメリットです。

限定正社員では一般職のみとなっており、介護リーダーや統括リーダーなどにステップアップしたい!と考える場合は、正社員への切り替えが必要となります。

ご本人のご希望があれば、正社員⇔限定正社員の切り替えは、人事との相談の上で可能です。

パートとの違い|働く時間が確保され、しっかり働ける

パートとは、週30時間未満で、「早出のみ」や「朝/夜の2時間だけ」等の短時間勤務が可能な働き方です。

パートと比べると、限定正社員のほうが安定して多くの時間数働けます。
さらには、パート勤務はボーナスの支給はありませんが、限定正社員は正社員の半額のボーナスが支給される等、福利厚生がパート勤務より手厚くなります。

「仕事以外の時間が欲しいけれど、パートよりしっかり働きたい」と希望する方に、限定正社員はぴったりの働き方です。

時間給社員との違い|充実した福利厚生でやる気もお給料もUP

チャームケアには、パート勤務と限定正社員の間に、「時間給社員」という働き方もあります。

時間給社員は週30時間以上の勤務で、シフト・休日の相談が可能な働き方です。

シフト・休日の相談が可能という点は同じですが、限定正社員のほうが勤務時間が長く働けます。
また時間給社員は、社会保険への加入などの福利厚生はありますが、ボーナスの支給はありません。
そのため、時間給社員と限定正社員では年収ベースで考えると差が生まれます。

「自分の介護のスキルを活かして、時間給社員よりしっかり働き、お給料をもらいたい」と考えている方には、限定正社員が合っているでしょう。

限定正社員はどんな人?|子育て中・ワークライフバランスをとりたい方

では、チャームケアでは、どのような人が限定正社員として活躍しているのでしょうか。

現在は、子育て中のママさんスタッフなどが大半を占めています。
「子どもの習い事や将来のための貯金をしたいと考えてはいるけれど、子どもの学校行事もあるし、家事のための余裕も欲しい」といった理由で限定正社員制度を利用されています。

他には、自分の夢やプライベートのため、自由な時間を確保したいと希望する人などが、限定正社員として働いています。

限定正社員の働き方インタビュー

実際に限定正社員の制度を利用し、チャーム新大阪淡路で働いている越山 愛梨さんにお話を伺いました。

越山さんが、限定正社員という働き方を選択した理由や、仕事と両立したいことなどを、たっぷりお答えいただきました。

――本日はよろしくお願いします。まず、ご経歴を教えていただけますか?

チャーム新大阪淡路の越山と申します。
2021年4月に、限定正社員として入社しました。

前職も介護の仕事をしていて、介護業界の経験は7~8年程です。
少し介護の仕事をお休みをしていた期間もありますが、以前は、特養や有料老人ホームでも介護職として働いていました。

チャームケアに入社したきっかけは、前職での知り合いがチャーム新大阪淡路で働いていて「また介護の仕事をしたいなら、一緒にやってみない?」と紹介してくださったことです。

まだ入社して2ヶ月ですが、信頼できる人からの紹介でしたし、同じ場所で働けてとても安心感があります!

面接で知った「限定正社員」という魅力的な働き方

――「限定正社員」という働き方を知ったきっかけを教えてください。

実は、もともと私はパート勤務希望で面接を受けました。
「限定正社員」の制度があることは、面接のときに初めて知ったんです(笑)

私は、入社前からライフワークとしてエステをしています。
具体的には、フェイシャルエステといってお顔のマッサージです。

そのため、面接では、「エステも続けたいと考えているので、正社員にはなれないんです」とお話させてもらいました。

以前はエステの方を本職にしていた時期もありましたが、気持ち的に続けていくのが難しくなった時があって。
その頃から、エステは趣味的にマイペースでやっていくことに決め、固定のお客様のみお手入れをさせてもらっています。

エステを続けるためには、セミナー等に参加してスキルアップする必要もあります。
正社員の場合、希望休は月2日なので、両立は難しいだろうなと思っていました。
そのためパート勤務希望で面接を受けたのですが、ホーム長から「限定正社員」の提案をいただきました。

そういった制度があるとは知らなかったのでびっくりしましたが、介護の仕事も大好きだしエステとも両立したいので、とてもありがたい提案でした。

ボーナスも正社員の半額はもらえますし、異動がないのはとても助かるので、限定正社員として入社して本当によかったなと思っています。

同僚の人柄の良さで、自分も明るく前向きになれる

――実際にチャームケアで働いてみていかがですか?

実は、前職の介護施設では、雰囲気が自分には合わないなと感じて転職を決意しました。
そのため、入社する前は少し心配もあったのですが、チャーム新大阪淡路はスタッフの皆さんの人柄がびっくりするくらい良いですね!
とても丁寧に教えてくださる方が多く、皆さんの人柄の良さで、自分も日々明るくなっていると感じています。

他社でも介護職を経験しましたが、施設によっては流れ作業的になってしまっているところがあるのも事実です。
ここでは、ご入居者様のためにみんなでやっていこう!という雰囲気があり、やりがいを感じられます。

特に、山田ホーム長がかけてくださる「なんとかなる」という声掛けに気持ちがほぐれます。
ホーム長の声掛けを自分でも繰り返し、前向きに頑張っています。

※チャーム新大阪淡路の山田ホーム長、先輩スタッフの記事はこちら!

共通点は、人の気持ちに寄り添うこと

――介護職とエステの共通点はありますか?

ふたつの共通点は、「人の気持ちに寄り添うこと」だと感じています。
私自身、この学びにはエステの中で出会いました。

もともと子どものころから、相手のことをよく観察していましたが、相手が考えていることや感じていることには無頓着でした。
そのため、自分から話しかけることはほぼなく、会話も続きませんでした。
今振り返ると、相手のことを見てはいるけれど、相手に「興味を持つ」ことはなかったんだと思います。

相手に寄り添うためには、相手に「興味を持てるか」どうか。
興味を持つと、自然と相手を知りたくなり、今どんなことをしたいと思っているのかなと想像して、相手に寄り添うことができます。

この学びに出会ってからは、初対面の人ともどんどんお話できるようになりました。
この人は今どう感じているだろうとか、今日何食べたんだろうとか、なんでもいいんですが、自然と会話が生まれるようになりました。

このエステで学んだ「相手に寄り添う」ということが、今では介護に役立っています。
そして、どちらも人と関わることなので、両方続けているからこそ、今の私がいると思っています。

両方大切にできる「限定正社員」という働き方を促進してくれるチャームケアには、感謝の気持ちでいっぱいです!

2つ居場所があるからこそ、仕事が楽しい

――それぞれを両立させるために、覚えることが多かったり切り替えが難しかったりと大変なイメージがありますが、越山さんはいかがですか?

もちろん、チャームケアでのお仕事が始まったばかりなので、日々覚えることはたくさんあります。
ですが、2つ居場所があるからこそ今の自分がありますし、なにより両方とも好きなので大変さはあまり感じていません。

今は大変さよりも、相乗効果をとても感じています。
例えば、エステで感じたことが、介護の仕事の刺激になっています。

特にエステは、固定のお客様のみに施術させていただいているため、「私だから来てくださるんだ」と、強くやりがいを感じています。
介護職も、同じく対人援助なので、選ばれる介護スタッフになりたいと常日頃思っています。

なにより、2つの居場所があることが、私にとっての安心です。
この安心があるからこそ、楽しく働けて、日々チャレンジができるような気がしています。

エステのほうで教えてもらった言葉で、「現状維持はなくて、後退か成長か」というものがあります。
私は「成長するかどうかは自分で選べる」と考えているので、日々学び、自分の存在価値を感じていたいです。

限定正社員は、夢を持ち続けられる働き方

――最後に、限定正社員という働き方を活かした今後の目標を教えてください。

私は、年を重ねても、夢を持っていたいと思っています。

今は、エステと介護の二足のわらじを履きながら、日々成長していくことが目標です。
もっと先の話ですが、「世界一周したい」という夢があり、いつか叶えたいです!

実現するならどのくらいお金がかかるか、実際にシミュレーションして想像しています。
せっかくいろんな国を旅するのなら、美味しいものも食べたいし、宿泊代などもかかるので、これからまだまだたくさん働いて、貯金していかないといけませんね!

今すぐには叶わない夢だからこそ、外に出たい!海を渡りたい!という気持ちが高まっています。

どうせ働くなら、いきいきと、楽しんで、働きたいと思っています。
以前、エステを本職として必死にやっていた時、気持ちが落ち込んでしまったことがあるからこそ感じることかもしれません。

「楽しそうに、楽しく過ごす。」
もしかしたら、これが一番の夢で、いまの働き方で手に入れたいと思っていることかもしれません。

今回の転職でのご縁の中で出会ったチャームケアでの「限定正社員」という働き方。
この働き方は、とても私に合っていると感じています。
恵まれたこの環境の中、いつかは夢の世界一周に向けて、チャレンジし続けていきたいです。

関連する記事

関連するキーワード

著者