〜チャームケア流〜介護職の働き方改革

各業界で進められている、「働き方改革」。
24時間ご入居者様の生活を支えている介護業界にも、少しずつ多様な働き方が増えてきているということをご存知ですか?

チャームケアでは、2000名以上のスタッフが在籍しています。
介護スタッフのスキルを正当に評価しながら、それぞれのライフスタイルに合わせて勤務できるように、正社員以外のさまざまな働き方を設けています。

この記事では、前半に時間給社員・夜勤専従などの勤務形態について、後半に実際に制度を活用して働くチャームケアの介護スタッフの事例を取り上げてご紹介します。

多様な働き方を認め、スタッフの幸せを大切にしてくれるチャームケアの社風を感じてくださいね。
 (7323)

時間給社員

時間給社員とは、週30時間以上の勤務で、時間帯や曜日・休日などの相談ができる働き方。

上記時間の勤務で、社会保険に加入しているスタッフをチャームケアでは「時間給社員」と呼称しています。

週30時間未満のパート勤務よりも時間は多いものの、週40時間・フルタイム固定の正社員より、日々の働き方に幅を持たせることができます。

また、アルバイト・パートとは違い、雇用期間の定めはありません。
勤務時間も正社員のフルタイムに近いため、待遇も"パート勤務"としてではなく、"社員"としてご用意。

・介護の仕事をしてみたいけど、無資格で自信がない
・未経験から介護業界に挑戦してみたい
・ゆくゆくは正社員を目指したい
・子どもが小さいので、家事や育児と両立したい

そんな方がこの制度を活用して多数、活躍されています。

※時間給社員の詳細はこちらから!

夜勤専従

夜勤専従とは、日勤には入らず、固定して夜勤での介護サービスを行う働き方。

日勤帯と比べて、スタッフの人数が少なく、ご入居者様もお休みされている方が大半。
日勤とはがらりと違ったお仕事になります。

勤務時間は、夜勤入り→夜勤明け→休日、の3日ワンセット。

例えば、夕方~翌日の朝まで、17:00~翌10:00(休憩1時間)の勤務の場合、夜勤明けの翌日は必ずお休みとなります。
1回の勤務時間は長いものの、定期的にお休みがあるので、リズムをつかめば働きやすいと感じる方も多いのです。

夜勤専従には夜勤手当があるため、日中の時間を別のことに使いながら、効率よく稼ぎたい方には人気の働き方のひとつなんですよ。

※夜勤専従の詳細はこちらから!
 (7326)

エルダー社員制度

定年(60歳)を迎えたスタッフが勤務時間・給与の変動なしに、65歳まで働ける制度。

いわば、定年退職が5年延ばせるようなイメージで、賞与なども支給されますよ。

チャームケアでは60歳~65歳の方はエルダー社員65歳以上の方は嘱託社員となり、最長で75歳まで勤務が可能です。
現在全スタッフのうち60歳以上のシニア層の割合は11%を占めており、最高齢で71歳の方が嘱託職員として働かれています!

※エルダー社員制度の詳細はこちらから!

産休・育休などの子育てにまつわる休暇制度

産前・産後休暇制度
妊娠中のスタッフのための制度です。
出産予定日前後の98日間、休暇を取得できます。
(産前6週、産後8週)


育児休業制度
1歳未満のお子さんを育てるスタッフは、休暇を取得することができます。
2歳まで延長可能です。


時短勤務制度
勤務時間を短縮して働くことができます。
(給与は時間単位で計算されるものの、雇用形態はそのままに就業可能です)


看護休暇制度
小学校就学前のお子さんがいるスタッフは、看護のためにお休みを取ることができます。

チャームケアには、妊娠・出産・子育てにまつわる制度が充実しています。
それぞれのスタッフのライフステージに合わせて、働き方を変えることで、ライフイベントと仕事を両立することができます。

約900名在籍している正社員・時間給社員のうち、2019年には17人が産休・育休を取得し、職場復帰率は91%。
多くの社員が自分の必要なタイミングで活用している制度です。

※実際に制度を利用されたママさんスタッフ、パパさんスタッフの記事はこちら。

制度を活用したさまざまな活躍の仕方

ここまでは、チャームケアのさまざまな働き方の制度をご紹介してきました。
ライフスタイルやライフステージに合わせた働き方や制度が充実しており、安心して働くことができますね。

ここからは、実際にチャームケアで「働き方」を変化させながら活躍されている2人のスタッフのインタビュー記事をご紹介します。

パートから正社員。そしてエルダー社員へ?

 (7324)

首都圏事業部の泉美香さんは、50代半ばにチャームプレミア深沢の受付事務のパートとして入社され、これまで培ってきた「お花」の経験を評価され、59歳で正社員となりました。

現在は、首都圏ホームのガーデニングや植栽関係のプロデュースを担当されています。

本来のチャームケアの定年は60歳のため、その後はエルダー社員として活躍するつもりだとお話されていました。
泉さんは、「自分の枠を自分で決めないで」と明るく語ってくださいましたよ。

※泉さんのインタビュー記事はこちら。

アルバイトから新卒、産休育休

 (7325)

2015年にチャーム奈良公園のアルバイトとして入社された佃麗花さん。
当時は、保育士養成課程のある3年制大学の2年生でした。

保育よりも介護のほうが向いている、と感じていたこともあり、2018年に新卒としてチャームケアに入社
入社後は、まっさらで一からスタートしたいと自ら違うホームでの配属を希望し、チャーム奈良三郷にて介護スタッフとして従事されました。

その後、2019年から約2年間産休・育休を取得され、2021年9月頃から復帰されています。
復職されてからは、日勤帯のみで8:30~16:30の実働7時間勤務。

佃さんは「ライフステージ・ライフスタイルに合わせて、時短勤務で働くことができありがたい」とお話されていました。

※佃さんのインタビュー記事はこちら!

介護職にも働き方改革を!

今回の記事では、チャームケアの多様な働き方についてご紹介してきました。

チャームケアの充実した制度や、2名のインタビューからも分かる通り、若手からエルダー社員まで幅広い人材が自分のライフステージ・ライフスタイルに合わせて働いています。

ご入居者様やご家族様を大切にするのはもちろん、働くスタッフのこともとても大切にしてくれる風土があります。

介護の仕事と、自分や家族の生活を両立したいと考えている方は、ぜひチャレンジしてみてください。

関連する記事

関連するキーワード

著者