苦手克服のためチャレンジを決めた介護の仕事

――ご経歴を教えてください。

チャームスイート緑地公園の兼森健太です。
2018年4月新卒入社なので、現在4年目です。

――チャームケアに入社を決めた理由を教えてください。

学生時代、私はどちらかというと人と接するのが苦手でした。
初対面の人と話そうと思うと、どうしても緊張してしまって。

ですが、就職活動を始めるにあたり、人付き合いが苦手なままではいけない、克服しなければと考えるようになりました。

そのため、就職活動を始めた頃は、営業職など人と関わる職種を中心に説明会や面接を受けていたんです。
しかし、営業職はなんとなくピンとこなくて…。

そんなときに、高卒ですでに介護の仕事をしている友達に話を聞いたことがきっかけで、介護に興味を持ちました。
直接ありがとうと言っていただけるのって魅力的ですよね。

その後、介護業界の企業もいろいろ見学した中で、チャームケアのホームの夏祭りに参加させてもらって、ピンときたんです!
ホーム内の風通しの良い雰囲気を感じ、「ここで働きたい」と思い、入社を決意しました。

「1日1回話しかける」を個人目標に

――実際に働いてみて、兼森さんの「人付き合いが苦手」という気持ちに変化はありましたか?

初めの頃は、ご入居者様に話しかけようと思うたびに、「失礼なことを言ってしまったらどうしよう」と心臓がバクバクで(笑)
言葉選びや言葉遣いには、とても慎重に気を使っていたんです。

しかし、苦手を克服するために介護の仕事にチャレンジしたんだった!と思い出し、「1日1回はご入居者様に話しかける」ことを目標に決めました。

初めは、「最近暑いですね」といった天気の話や、「今日のごはんおいしかったですか?」といったお食事の感想などから。

まだこの頃はドキドキしていましたが、ご入居者様のご趣味や好きなことがわかってきてから慣れてきました。

例えば、野球が好きなご入居者様には、夜勤明けの朝には「昨日、いい試合でしたね。○○が良かったですねー!」等。
そのうち、だんだんご入居者様のほうから「昨日試合どうやったっけー?」と話しかけていただくことが増え、とても嬉しかったです。
親しみを込めて、「けんちゃん」と呼んでくださる方もいらっしゃいます!

今は3年働いたフロアを離れ、違うフロアで勤務しているのですが、たまに元のフロアに私が顔を出すと、ご入居者様のほうから「やっと戻ってきてくれた!待ってたよ」と声をかけてくださいます。

はじめは「人付き合いが苦手」から始まった介護の仕事ですが、目標を立て、勇気を出して話しかけることで、信頼関係を築くきっかけになりました。
コツコツ頑張ったことで、苦手が強みになりました!

レクリエーションの様子

誠実な勤務態度を評価されて昇格

――今回、介護リーダーに昇格されましたが、どのような点が評価されたのでしょうか?

ホーム長からは、誠実さと人間性を評価していただけたようです。

ホーム長からは「兼森くんは評価のために行動しているのではなく、誠実に取り組んでいるところがいいんだよ。まわりのスタッフからの信頼もあるし。」と言っていただきました。
苦手なことに正面から向き合う自分の姿も見てくださったようです。

褒められるとどうしても恥ずかしくて、素直に受け取ることができないのですが、ホーム長からはたくさん褒めていただいて…(笑)。
ちょっと照れてしまいましたが、これからも「見ていてくれる人がいる」ということを、意識して働いていきたいです。

※兼森さんのほかにも多くのスタッフが昇格・昇進し、活躍しています。他のスタッフのインタビュー記事はこちら。

介護リーダーになっても、介護の基本に忠実に

――介護リーダーになって、どんなことが変わりましたか?

「全体を見る」という意識を持つようになりました。
まだ介護リーダーの役割に慣れておらず、焦ってしまう毎日ですが、周りのスタッフは「なにかあったら支えるから」と、優しくサポートしてくれます。
じっくり時間をかけて頑張って、全体を見られるようになりたいです。

リーダーになってから、なんとなく周りからの「見られ方」が変わったような気もしています。
「リーダーなんだからしっかりしてね」というような(笑)。
自分が勝手に感じているだけかもしれませんが、いい意味のプレッシャーと捉えています。

また、服薬情報の確認から、お食事の際の座席表の更新など、介護スタッフに情報を伝えるための細かな事務作業を担当しています。

一スタッフの頃は、介護リーダーがまとめたご入居者様の情報を受け取り、確認する立場でした。
介護リーダーになってからは、自分が間違えていたら他のスタッフ全員に迷惑がかかってしまうので、責任を持ってしっかり確認しています。

立場や役割は変わりましたが、ご入居者様のご要望を叶えていくことは変わりません。
そこは一番ブレてはいけない部分だと思っています。
これからもご入居者様を第一優先に、介護の基本に忠実に頑張っていきます!

目標は、前リーダーに追いつくこと!

――今後の目標を教えてください。

前リーダーのような、頼りがいのある介護リーダーになりたいと思っています。

前リーダーはいつも冷静で、一度もしんどそうな姿を見せることはない、かっこいい先輩なんです。
何かあったらすぐ対応してくださいますし、スタッフからの提案を受け入れながらチームをまとめていました。

その方は、今は別のフロアのリーダーとして活躍されています。
私はまだまだパニックになってしまうことがあるので、先輩にコツを聞きながら、頑張って追いつきたいです。

※チャームケアでは年1回の「キャリアアンケート」で、各スタッフのチャレンジや理想の働き方を把握し、後押ししています。
こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

就活では前向きに頑張ってほしい

――最後に、学生さんや就活生へメッセージをお願いします。

就職活動中には、たくさんの壁がありますが、就職して働きはじめてからも、また別の壁があります。

壁にぶち当たってしまった時は、誰でも自分のことしか見えなくなるでしょう。
ですが、少し落ち着いて冷静に周りを見回すと、必ず助けてくれる人がいるはず。

誠実に取り組めば、必ず見ていてくれる人はいます。
今回の介護リーダー昇格で、身をもって感じました。

人生の中には「縁」や「巡りあわせ」という、自分ではどうしようもないこともあります。
壁にぶち当たっても「自分はダメだ」と腐らずに、「縁がなかっただけ」と考えてみてください。

周りを頼りながら、「自分はこうしたい」と思うことを軸に、前向きに頑張ってほしいです!

関連する記事

関連するキーワード

著者