こんにちは! チャーム・ケア・コーポレーションの大野世光です。

この記事では、ホーム長としての現場経験を活かして、
介護サービスを行う上で重要な
ご入居者様に対する「上手なお声かけ」について解説します。

介助における声かけの大切さ

介護の現場において、「声かけ」はとても重要なもの。

ご入居者様を介助する際に、何も言わずにお体に触れてしまうと、
ご本人は「何をされるんだろう…」と不安な気持ちになります。

事前に「これから、食事にいきましょう」などとお声かけすることによって、
ご⼊居者様の不安な気持ちを和らげることができます。

ホームでは、移乗・食事・入浴・排泄介助などを毎日行っています。

これらの介助をする際、丁寧にお声かけすれば、
ご入居者様も、何をされるのかと身構える必要なく
安心して介護を受けることができます。

また、加齢に伴い、心身機能の低下がみられ
「心と体のバランス」が崩れることで様々なストレスを感じることがあります。

そのため、相手の自尊心を傷つけるような言葉や、
命令や否定などの不快感を与える言葉は使わず
気を付けて声かけをすることが重要です。

認知症の方への声かけの4つのポイント

認知症になると、数分前のことが思い出せなかったり、
物の名前が出てこない…などの症状が出てきます。

症状が進行すると、不安感や、理解力の低下から
⼈を疑ったり介護を拒否したり、
さらには⼀切会話をしなくなったりします。

認知症とは、脳の委縮などが原因で、
・記憶障害
・見当識障害(いつ?ここはどこ?あなたはだれ?)
・実行機能障害
 (テレビのリモコン操作ができなくなる・食事の準備ができなくなるなど)
・失行(衣服を正しく着られなくなる)
などの症状で日常生活に支障を期待してる状態をいいます。

このような状態で毎日を過ごされるご入居者様は
常に不安な気持ちでいっぱいです。

そのため、安心していただけるような声かけが必要となります。

認知症の⽅への声かけのポイント1|ゆっくり、わかりやすい⾔葉で話す

ゆっくり、はきはきと、わかりやすい⾔葉でお話することは、
介護の現場では基本のこと。
改めて、特に注意してみましょう。

もし、「あなたは誰︖ここはどこ︖」と質問された場合にも
ここはどこで、⾃分が話しかけている目的なども添えて
丁寧にお伝えしてさしあげてくださいね。

認知症の方への声かけのポイント2|安心していただけるように、笑顔で話しかける

笑顔でお話することで、
ご入居者様に安心していただけるように心がけましょう。

いくら声かけに気をつけていても、無表情だと誠意が伝わらないもの。
⾔葉の内容と表情が⼀致しないと、正しく感情が伝わらないことがあります。
自然な笑顔・表情を心掛けたいですね。

認知症の方への声かけのポイント3|伝えたい内容はシンプルにひとつずつ

認知症になると、同時にいくつもの内容を理解しづらくなります。
そのため、⼀度にいくつものことを話さないようにしましょう。

仮に、いくつかのことをご入居者様に伝えたい場合も、
内容を区切ってひとつずつ伝えるようにしましょう。

認知症の方への声かけのポイント4|否定せず、共感の態度を示すこと

ご入居者様ご本人が抱いている、不安な気持ちへの理解も大切です。
「否定しない」ことと「共感の態度を示す」ことが重要。

たとえば、「誰かに監視されている!」と言われた場合は、否定するのではなく、
「誰か怪しい⼈がいたのですね。周りを確認致しますね。」と、
まずはご本人に同調しましょう。

すると、安心していただけるようになり、信頼につながります。

難聴の対策|声かけは落ち着いた⼝調で

「しっかり声かけをしているつもりだけど、お返事がもらえない…」
という悩みを抱えている介護初⼼者の⽅は少なくありません。

ですが、それは無視されているのではなく、
⾳が聞き取りづらくなるため。

老人性難聴(感音性難聴)では、
特に⾼⾳域が聞き取りづらくなる傾向があります。
いっぽうで「あ・い・う・え・お」の母音の聞き取りは
比較的保たれやすいのが特徴です。
少し低めの声で、はっきりした話し⽅を心がけましょう。

また、認知機能の問題で、
早⼝でお話しすると、内容を理解しづらくなります。

そのため、声かけの際は、できるだけわかりやすく、
ゆっくりと話すことを⼼がけましょう。

ゆっくりとお話することで、会話の内容を理解しやすくなります。

さらに、ご⼊居者様が横になっていらっしゃったり、
⾞いすに座っていらっしゃる場合、
同じ⽬線に合わせて、しゃがんでお話しするのもオススメですよ。
威圧感を覚えず、スムーズに受け⼊れていただきやすくなります。

上手な声かけの3つの具体例

介護サービスをご提供する上で、上手なお声かけが重要です。

ケースに合わせて、いくつか具体例をご紹介します。

【ケース1】朝の起床時介助の際

「おはようございます」とだけ⾔うのではなく、
「おはようございます、○○さん」と、お名前をつけてご挨拶すると、
より親しみを感じていただけます。

「体調はいかがですか︖」や「今⽇はいい天気ですね」
「今日の朝食は、△△です。〇〇さん、お好きでしたよね?」など、
⼀声添えるのもいいですね。

【ケース2】オムツ交換などの排泄介助の際

排泄介助する時も、
「オムツ」や「パット」とは表現せずに
「下着を交換させていただきますね」と声かけをしましょう。

排泄介助の時の声かけは、ご⼊居者様の⾃尊⼼・羞恥心への配慮が非常に大切です。
配慮を怠ることでご入居者様が排泄を我慢され、便秘になってしまうこともあります。
注意して声かけをする必要があります。

【ケース3】入浴介助の際

介護経験者の⽅からも、
「慎重にしないといけないので⼤変」と声があがっているのが⼊浴介助。

⼊浴介助を断わられるご⼊居者様も多いのが現状です。

その場合は、"お⾵呂"や"⼊浴"といった⾔葉は使わずに、
「少し体を温めませんか︖」「汗をかいたのでちょっとさっぱりしませんか︖」と
ニュアンスを変えて、声をかけてみるといいですよ。

実際に、チャームのご入居者様の入浴介助でも
「これから、お風呂に行きましょう」と伝えるとお断りされる方でも
「あちらでリラックスしながら、一緒にお話ししませんか?」などお声掛けし、
脱衣室で改めて「湯船に浸かって、ゆっくりしましょう」とお伝えすると
入浴いただけたということもあります。 

スタッフによっても入浴のお誘いが上手なスタッフがいます。
そんな時は、上手なスタッフをマネてみるのも一つの方法ですね。

介護のお声かけは、相手の表情を観察することが大切

ここまで、ご入居者様にお声かけするときの注意点についてお話ししました。

一番大切なのは、お話しているときに、ご入居者様の表情を観察すること。

「聞き取りづらかったかな…」「伝わっていないかも」と感じたら、
一人ひとり、その方に合わせて声量やスピードを変えるなど、
話し方を工夫してみましょう!

ご入居者様にご満足いただきたいという、あなたの気持ちが伝われば、
きっと信頼関係が築けるはずですよ。

この記事の監修・アドバイザー

大野世光(おおのひろみつ) 

介護支援専門員資格、社会福祉主事任用資格。
2017年10月1日、株式会社チャーム・ケア・コーポレーションに入社。
介護系大手企業でスーパーバイザーなどを歴任し、
チャーム・ケア・コーポレーションのホーム長を経て、
現在は教育研修課にてスタッフの教育を実施。

関連する記事

関連するキーワード

著者