夜勤専従は、夜勤専門のポジション

夜勤専従(やきんせんじゅう)とは、夜勤のみの働き方です。
日勤には入らず、固定して夜勤での介護サービスを行うポジション。

日勤帯と比べて、スタッフの人数も少なく
ご入居者様もお休みされている方が大半。
日勤とはがらりと違ったお仕事になります。

夜勤専従は、夜勤手当があるため、
ライフスタイルに合わせて効率よく稼ぎたい方には
人気の働き方の1つなんですよ。

介護付有料老人ホームでの、夜勤専従の1日の流れ・仕事内容

チャームケアでは、介護付有料老人ホームを全国で展開しています。
夜勤専従で働くスタッフの1日を具体的にご紹介。

まずは出勤のタイミングで、夕礼があり
日勤の時間帯にあった出来事の共有を受けます。

その後、ご入居者様の夕食~ご就寝までのサポートを行います。
(食事介助、排泄介助、お着替え、寝室までの誘導など)

ご入居者様がお休みになられてからは、
3時間に1回、訪室(ほうしつ)を行います。

訪室とは…ご入居者様のお部屋に伺い、安心してお休みされているか確かめること。

夜勤記録をつけながら、ご入居者様からのコールがあれば、随時対応します。
この時間帯に、業務の優先順位の整理なども行います。

最後に、ご入居者様の起床~朝食までのサポートを行い、
(起床、排泄介助、食事介助、お着換え、朝食会場への誘導など)
日勤の方に申し送りを行って、業務終了!
残業はないので、速やかに帰宅します。

働く時間・月の出勤回数

夜勤専従の方と、日勤で働く方の1番の違いは
「勤務時間と出勤日数の関係」にあります。

チャームケアの場合、夜勤専従の勤務体系は
夜勤入り→夜勤明け→休日、の3日ワンセット

たとえば、夕方~翌日の朝まで、
17:00~翌10:00(休憩1時間)の勤務の場合、
夜勤明けの翌日は必ずお休みとなります。

1回の勤務時間は長いものの、定期的にお休みがあるので、
リズムをつかめば、働きやすいと感じる方も多いんです。

日勤の方より、出勤日数が少なくても
夜勤手当で、給与を稼ぐことができるのもメリットですね。

夜勤専従のメリット・デメリット

夜勤専従で働くことのメリット・デメリットを解説していきます。

向き不向きがありますので、ライフスタイルに合わせてトライしてくださいね。

夜勤専従で働くメリット

◆シフトが「夜勤」のみなので、生活リズムが一定になる
◆夜勤手当が必ず加算され、日勤より稼げる
自分のペースで仕事を進めやすい
◆日中の時間を活用できる
◆企業・施設により、1勤務の時間が長い場合は
 夜勤入り→夜勤明け→お休みのリズムとなり月の出勤日数が少ない

夜勤専従で働くデメリット

◆無資格・未経験では挑戦できない企業・施設が多い
 (日勤に比べてスタッフが少なく、対応力が求められるため)
◆周りに生活リズムが合わない人もいる
◆1日あたりの勤務時間が長い

チャームケアの安心ポイントをご紹介

介護職の経験があっても、新しい環境で働くのは
誰だって最初は不安に感じますよね。

チャームケアでは、いきなり夜勤からスタートするのではなく
事前に何度か日勤で研修を行います。

その際に、ホーム内のルールなども
丁寧に時間を取ってお教えします。

また、日勤の退勤時間に合わせて、毎日夕礼を行っています。
(ホームによりますが、17時頃~が中心)
昼間に起こった出来事も、きちんと引き継ぎされます。

夜勤専従スタッフが、不安なく働けるからこそ
ご入居者様が夜の時間をリラックスしてお過ごしいただける環境につながります。

ダブルワーク・副業で働く方もいます!

チャームケアでは、夜勤専従スタッフとして働いている方も多数。

従業員2000人以上の規模なので、
ノウハウなどもしっかり蓄積されています。

さらにステップアップしたい、経験を積みたい、キャリアを磨きたい…
そんな思いでチャレンジされる方、大歓迎です!

また、「夜勤専従パート」という働き方であれば
週1日の勤務でOK!
中には、副業として掛け持ちして働かれている方もいらっしゃいますよ。

↓↓【夜勤専従スタッフ募集中!下記からCheck!】↓↓

関連する記事

関連するキーワード

著者