そもそもボーナス(賞与)とは?

ボーナス(賞与)とは、毎月のお給料とは別に支払われる特別な給与のこと。
固定給が支払われている労働者に対して、定期給与とは別に支給されるものです。

企業によっては、特別手当、夏季手当、年末手当などと呼ぶケースもあります。
一般的に、夏・冬の年2回支給されることが多いとされています。

このボーナスを楽しみに働く人も多いですよね。
介護職にはお給料が安いイメージがありますが、ボーナスはもらえるのでしょうか?
また、ボーナスの支給額はどのように決まるのでしょうか?

労働基準法および厚生労働省令によると、ボーナス(賞与)とは、「定期又は臨時に、原則として労働者の勤務成績に応じて支給されるものであって、その支給額が予め確定されていないもの」とされています。

ボーナスの支払い時期や支払い回数等に規定はなく、ボーナスが支給されない企業もあれば、年に複数回支給される企業もあります。
求人票には、「賞与あり 年2回・4ヶ月分」などと記載され、その年の業績に応じて支給額が変動することが多いようです。

ボーナスはどうやって決まるの?

ボーナスは労働基準法で賃金の一つとされており、「労働の対価」です。
ボーナスの金額は、一般的には基本給の額によって決まります。

月給などの定期給与の支払いは毎月1回以上行うことが義務付けられていますが、ボーナスについては法律上支払わなければならないものではありません。
企業が「支払う」と決めた場合のみ、労働条件に加わります。

介護職のボーナス(賞与)は増加傾向

介護職に対して「お給料が少ない」というイメージを持っている方は、「ボーナスをもらえないのでは…」と不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、介護労働安定センターの介護労働実態調査によると、ボーナスの支給割合は年々増加傾向にあります。

正規職員の場合約7割が定期的にボーナスを支給されており、非正規職員でも約4割が支給されています。

さらに、経営状況に応じてボーナスを支給している事業所を含めると、約9割以上の介護職が支給されています。
このような事業所は、賞与としてではなく処遇改善費などで業績に応じて支給していることもあります。

介護職のボーナスの相場はどのくらい?

では実際にどのくらいのボーナスをもらうことができるのでしょうか。

厚生労働省の調査結果によると、令和元年の介護職のボーナスは平均約53万円です。
介護職も一般的な職種と同様に、ボーナスの支給は夏と冬の年2回が一般的なので、1回あたりの支給額は約26万円となります。

男女別で見てみると、男性が約57万円、女性が約49万円で、男性の方が高い傾向にあります。

介護職のボーナス平均額|年齢層別

それでは、経験年数や勤務条件等により、どのような違いがあるかを見てみましょう。
まずは、年齢層ごとのボーナス平均額です。
女性 男性
20~24歳 約37万円 約36万円
25~29歳 約52万円 約58万円
30~34歳 約53万円 約67万円
35~39歳 約55万円 約66万円
40~44歳 約54万円 約65万円
45~49歳 約54万円 約67万円
50~54歳 約53万円 約62万円
55~59歳 約53万円 約53万円
60~64歳 約42万円 約43万円
65~69歳 約27万円 約16万円
70歳~ 約15万円 約19万円

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」(企業規模計10人以上:年間賞与その他特別給与額)


データによると、年齢とボーナス額は比例していないことがわかります。
介護職は未経験で40代や50代から始める方も多いことが理由として挙げられます。

介護職のボーナス平均額|経験年数別

次に、経験年数別のボーナス平均額です。経験年数5年ごとで見てみましょう。
女性 男性
初年度 約5万円 約9万円
2~5年目 約42万円 約48万円
6~10年目 約50万円 約60万円
11~15年目 約54万円 約73万円
16年目~ 約60万円 約76万円

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」(企業規模計10人以上:年間賞与その他特別給与額)


経験年数に比例して、ボーナスの平均額は上がっています。
特に、経験年数が2~4年の介護職員と、16年以上の介護職員では25万円以上の差があります。
このことから、介護職のボーナスには、年齢よりも経験年数の影響が強いことがわかります。

初年度と2年目以降で大きく差が生まれている理由は、賞与の査定期間と支給時期に3ヶ月~6ヶ月ほどズレがあるケースが多いからです。
入社1年未満の平均額は、査定期間に在籍していない場合があるためこのように低くなっていますが、初年度はボーナスが出ないというわけではないのでご安心ください。

介護職のボーナス平均額|職種別

次に、職種別のボーナス平均額です。
福祉施設介護員 約53万円
ホームヘルパー 約38万円
介護支援専門員
(ケアマネ―ジャー)
約62万円
職種によって大きく差があることがわかります。
介護支援専門員(ケアマネ)、福祉施設介護員は月給のおよそ2.3ヶ月分、ホームヘルパーは月給のおよそ1.7ヶ月分の賞与額となっています。
ホームヘルパーと施設介護員では、施設介護員の賞与額の方が約15万円高くなっています。

ケアマネは実務経験を積んだ有資格者のみの専門職である一方、ホームヘルパーの中には40~50代で未経験から非正規雇用で介護職となる人もいます。
そういった背景がボーナスの平均額の差となっていると考えられます。  

介護職のボーナス平均額|施設形態別

次に、施設形態別のボーナス平均額を見てみましょう。
老人保健施設 約75万円
グループホーム 約60万円
有料老人ホーム 約50万円
特別養護老人ホーム 約50万円
デイサービス 約40万円
施設の形態によりボーナス平均額が大きく異なることがわかります。
特に、老人保健施設とデイサービスではボーナス支給額に倍近い差があります。

これは、デイサービスを代表する通所系サービスよりも、老人保健施設や特別養護老人ホームなどといった入所系サービスのほうが、介護度の高いご利用者様・ご入居者様が多いことが理由です。
その分スキルや経験が求められますし、夜勤があり手当が加算されるため、高めの給与設定であることが考えられます。

老人保健施設は病院と自宅の中間施設という位置付けで、医療法人が運営している事も多く、母体が大きいことからボーナスの支給額も比較的高くなっているようです。

また、同じ施設形態であっても、規模や経営母体によってボーナス額に差が出るでしょう。
NPO法人や中小企業が経営主体である施設よりも、社会福祉法人や地方公共団体、株式会社や上場企業が経営母体となっている施設のほうが規模が大きく、ボーナス額が多い傾向が見られます。

ボーナスアップの方法ってあるの?

さらにボーナス額を増やすためには、どのような手段が考えられるでしょうか?
ここからは、自分自身の努力や行動で、ボーナスをアップさせる方法をご紹介します。

ボーナスアップの方法|介護の資格を取得する

一言に「介護職」といっても、取得している資格は人それぞれ。
介護スタッフは一般的に「初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士」の順で、資格を取得しレベルアップすることが可能です。

さらには介護職として実務経験を積み、介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取ることで基本給・手当をアップさせることができます。
ケアマネになれば、ケアプラン作成などの違った角度からご入居者様の生活をサポートしていくことも可能です。

同じ施設内でさまざまな職種が働いていることも、介護の職場のいいところ。
自分がどのような資格を取ればいくらくらい給与やボーナスが上がるかを確認して、目標にしてみましょう。
資格を取得することは、日々の介護の仕事の裏付けになり、スキルアップや自信につながりますよ。

ボーナスアップの方法|管理職・役職に就く

介護の職場では「ユニットリーダー」や「サービス提供責任者」などの役職があります。
役職に就くと、毎月の基本給に役職手当等の名称の給与が上乗せで支給されるだけでなく、基本給も上乗せされることが多くあります。すると、当然ボーナスの支給額も増加するでしょう。

役職に就けば、スタッフのマネジメントや施設管理など、ひとりの介護スタッフとして働く以上に幅広い業務に携わることになります。
自分の意志や努力はもちろん、周囲のスタッフから信頼される人材になることが重要です。
日々の仕事を通してスキルアップし、同僚からも認められる存在を目指しましょう。

ボーナスアップの方法|基本給の高い職場に転職する

ボーナスは基本給を基準に計算されることが多いため、なかなか昇給が難しい職場もあるでしょう。
今の職場に将来性を見出しにくいなら、ボーナスアップのために転職することも一つの方法です。

現在、介護職はどこの地域でも不足しており、人材確保が難しい現状があります。
そのため、中にはボーナスを高めに設定している事業所もあります。

さらには、同じ施設形態であっても、規模や経営母体によってボーナス額に差が生まれています。

企業・事業所によっては、従業員満足度を高めて定着率を上げるために、よりよい待遇を提供しようと努力しているところもあります。
チャームケアでは月給に占める基本給の割合を高めに設定しており、賞与にしっかり反映させることができます。

待遇改善に積極的に取り組んでいる企業であれば、働きやすい環境であることはもちろん、給与やボーナスアップも見込めますよ。

チャームケアの介護職として働くメリット

株式会社チャーム・ケア・コーポレーションでは、近畿圏・首都圏で介護付・住宅型有料老人ホームを運営している東証一部上場企業です。
当社では、介護職の方々にとって働きやすい環境を整え、待遇改善に取り組んでいます。

賞与は年2回あり、合計3ヶ月分(前年度実績)を支給しています。
昇給・昇格のチャンスは年1回あり、頑張りをしっかり反映させています。

↓↓詳しい年収・月収の金額、賞与の支給金額例などはコチラをチェック↓↓
その他、給与に関わる福利厚生を下記のように完備しています。

(例)
◆夜勤手当・時間外手当・資格手当
◆資格取得時に報奨金支給
◆結婚・出産のお祝い金支給
◆傷病・弔事・災害時のお見舞い金支給
◆スタッフ紹介制度 …etc

他にも、休暇制度の充実・取得推進、キャリアパスの見える化も行っており、モチベーション高く働ける環境をご用意しています。

まとめ|ボーナスは介護職のモチベーションアップに

今回の記事では、介護職のボーナスについて比較、解説しました。

お給料が低いというマイナスイメージを持たれがちな介護業界ですが、ボーナスはほとんどの事業所で支給されています。
しかしその支給額は経験年数や施設種別・職種によってさまざま。
さらにボーナスアップしたいと考える人は、資格の取得や役職にチャレンジしたり、職種や転職の検討もしてみることをおすすめします。
あなたの働きやすい環境で、しっかりとした待遇やボーナスを得ながら、気持ちよくお仕事をしていきましょう。

関連する記事

関連するキーワード

著者