IT系企業から介護業界のシステム担当に転職

──竹内さんの経歴について教えてください。

竹内:
チャームケアに2010年4月に転職してきて、10年になります。
前職は介護業界ではなく、IT系の会社で働いていました。

配属当初は情報システム課がなく、
経営企画課の情報システム担当という位置づけで、

現:情報システム課の青木課長とふたりきりでした。

事業拡大に合わせて、情報システム担当の仕事が増えてきたこともあり
2013年、情報システム課となりました
現在では、7名が活躍しています。

介護職からの異動で情報システム課へ

──続いて、亀井さんの経歴について教えてください。

亀井:
​僕は2016年新卒としてチャームケアに入社しました。
介護職として採用され、チャーム尼崎東園田で3年8ヶ月ほど勤務し、
2020年1月から本社の情報システム課へ異動になりました。

──情報システム課への異動は、ご自身で希望を出されたのですか?

亀井:
いえ、自分で異動の話を出したのではありません。
実は、僕自身が体調を崩してしまい、夜勤に入れる回数が減ったり
介護現場での業務が難しくなってしまったんです。

今後どうしようかと、ホーム長に相談したところ
「本社への異動を考えてみるのはどうですか?」と提案をいただきました。

僕自身は、ずっと介護現場で働くつもりでしたし、
本社への異動は、役職を経験した方が行くものなのかなと漠然と思っていたので、
「そういう道もあるんだ」と、目からうろこの話でしたね。

「働かせていただけるのならお願いします」とお返事をしたところ、
「ぜひウチの課へ」と2つの課がお声をかけてくださり
双方の課の責任者とお話をさせていただき、情報システム課を選択しました。

竹内:
亀ちゃんがうちに来てくれてよかったよ!(笑)

介護スタッフからIT、専門知識ゼロで未経験スタート

──そうだったんですね!何かIT系の知識をお持ちだったのですか?

亀井:
いや、一切知識はありませんでした…。(笑)
大学は法学部で、論文を書くのにワードを使ったくらいです。
本当に仕事が務まるのだろうかと、話を聞く前は不安でした。

ですが、青木課長も情報システム担当になったとき、
前知識や専門資格があったのではなく
ゼロから学んで、積み上げていったというお話を聞き、
チャレンジしてみようという気持ちに。

僕はイチからしっかり教えてもらいたい派なので、
情報システム課には、未経験からスタートした方が多いと聞いたのも
この課を選んだ決め手のひとつです。

【新卒・中途】チャームケアに入社を決めた理由

──チャームケアに入社を決めた理由を教えてください。

竹内:
転職先を探していた当時、私と面接をしてくれたのが、
現在は総務課にいる古賀課長と、現上司の青木課長でした。

面談をしている間に「ああ、ふたりとも本当に良い方だな」と感じ
人がすごく良かったというのが決め手でした。

仕事は、どんなことをやるかも大切ですが、
「誰とやるか」も、とても重要ですからね。

※古賀課長のインタビュー記事はこちら!(↓)
亀井:
僕も「人がいい」はすごく共感します。
決め手はやっぱり「人」だったので。

僕の場合は、特に業種を絞って就活をしていなかったので
いろいろな説明会に参加して、良い会社を探そうと考えていました。

就活イベントに参加していたとき、チャームケアの人事担当の枝松さんに
「ちょっと話を聞いていかない?」と声をかけられたのがきっかけだったんです。

新卒向けの就活イベントが入社のきっかけに

──学生さん向けの合同説明会ですね。そのときのこと、詳しく聞かせていただけますか?

亀井:
正直、声をかけられたときは、介護業界にはネガティブなイメージがあって
「介護か~…、どうかな~…」という感じだったんです。

時間があったので聞いてみようと思ってブースへ行きました。

会社説明を受けたあと、自分が考えているネガティブな部分について
「実際はどうなんですか?」と思い切って質問してみたんです。

採用担当の枝松さんが、特に言葉に詰まる様子もなく、
スラスラと包み隠さずに話してくださって。
「いろいろあるけど、ウチのスタッフはみんな笑顔で働いてるよ」
ニコッと言ってくださいました。

当時、介護施設に関する良くないニュースが話題になっていたこともあって
後ろめたい様子とか、聞かれたくないっていう雰囲気を出されるかな?と思ったのですが
まったくそんな顔をされず、オープンな対応だったので、かなり衝撃でしたね。

興味がわいたので、インターンシップに参加して、
5・6箇所のホームでイベントのお手伝いを体験しました。
働いている方たちも、他の採用担当の方も、
全員いい人で、みんな好印象だったので驚きました。

加えて、僕が投げかけた質問に対しても
自分の言葉で返答してくださるんです。
マニュアル通りみたいな、業務的な受け答えではなくて、
僕個人に伝えてくれている
と感じ、入社を決めました!

竹内:
いいこと言うやん!(笑)

ホーム見学時と変わらない対応。入社前後のギャップなし!

──入社後に想像していたイメージとギャップはありましたか?

亀井:
ギャップはまったくなかったですね。
配属先のホーム長もスタッフも、すごく話しやすかったです。

入社2・3年目でリーダーになっている方もいるし、
新卒入社のスタッフも多く、年齢が近い先輩もいるから働きやすい環境です。

同期は約30人いて、研修で定期的に会えましたし
お互いどう頑張っているか、話ができて励みになりましたよ。

先輩からかけていただいた言葉で印象的だったのが、
「これから会社の力になるあなたたちのことを、頑張って育てていきたい」という言葉。

入社時期に関わらず、みんなに昇格の可能性があると示してくださったんです。

年功序列の会社組織には抵抗がありました。
だからこそ、チャームケアのように、
自由な社風が自分には合っていたなと感じています。

情報システム課のミッションは、間接的に介護スタッフを支えること

──情報システム課のミッションについて教えてください。

竹内:
情報システム課は、介護の現場で活躍するスタッフたちが
より働きやすい仕組みをつくるための間接部門。

技術を駆使して、介護現場や営業部のサポートをすることがミッションです。


超高齢化社会では、働ける人口がどんどん少なくなっていく見込み。
どれだけ仕事を効率化できるか、ということに重点を置いています。

介護記録の電子化なども、IT技術のなせるワザですね。
現在チャームケアの申し送りはiPadで行っていますが
昔は紙とペンを使ってアナログで行っていました。

※「介護記録の電子化」の立役者、介護事業部課長、坂田さんに取材した記事はこちら!(↓)

ご入居者様と介護スタッフの安全を守る仕事

──これまでのお仕事の中で、印象に残っている具体的なエピソードをひとつ教えてください。

亀井:
僕が異動してきていちばん最初に担当したのは、防犯カメラ関連です。
約60ホーム、すべてに防犯カメラを設置し、管理しています。
大型施設には、1ホームにつき30台以上設置されています。

不審者の侵入防止など、防犯の観点ではもちろん、
例えば、ご入居者様がおひとりで転倒されてしまった際など、
どのような状況だったのかを確認するためにも使われます。

ご入居者様の認知の状況などで、正確に把握できないケースもあります。
ご家族様への説明が必要になったとき、
ホーム長や課長からの要請に基づいて、データを用意しています。

ご入居者様に、安全に過ごしていただくための見守り機能と同時に、
介護スタッフたちをしっかり守るためにも、欠かせない重要なものですね。

テレワーク(在宅勤務)を情報システム課が主導

──最近も大きな仕事があったとお聞きしました!

竹内:
コロナウィルスの影響により、
本社勤務のスタッフなど、在宅勤務が可能な職種に限って
リモートワークを急遽実施することになったんです。


テレワークの企画や、物品の手配、パソコンのセットアップなど
情報システム課の主導メンバーが活躍。
朝から晩まで必死に対応し、短期間で環境を整えました。

リモートワーク用の回線のセキュリティを基準値を満たす強度にしたり、
かかるコストの計算、各部署やホームへ機材の準備・配送、
機材の使い方についての問い合わせ窓口の設置・対応まで…

大変な仕事でしたが、見事にやりきっていました。
同じ課のメンバーとして誇らしいですし、尊敬しています!

介護現場で頑張っているスタッフをサポートするために

──仕事をする上で、他にも心掛けていることはありますか?

亀井:
僕自身は、介護スタッフとして現場を経験しているので、
「現場で頑張ってくれているみんなのために」という思いが強いです。

ご入居者様のケアに、スタッフが全力で集中できる環境作りを
サポートするために、仕事に取り組んでいます。


竹内:
私は逆に現場出身ではないので、
亀ちゃんのような現場出身の人の話は、本当にためになります。(笑)

介護業界には、もはやIT技術の導入は欠かせません。
チャームケアと同等規模の同業他社では、もっとIT化が進んでいて、
ツールを充実させているところもあります。

居室数だけではなく、業務効率化の面でも、
「追いつけ追い越せ」で、大企業以上にならなければいけません。


現在、ある分野で顔認証の機能導入を検討しています。
新機能やツールがどんどん開発されますので
常に興味をもって、注視することを心掛けています。

アイディアが気兼ねなく言える社風、体調に配慮してくれる優しさ

──お二人の考える、チャームケアのよいところは?

竹内:
意見やアイディアが気兼ねなく言える、風通しの良さ。
「こういうことをやってみたい」と発言しやすい環境だという点ですね。

実際に導入するとなると、会社の優先課題やコストの点で、
制限があるのは当然のことなのですが、思いつきを気軽に言える雰囲気ですよ。

亀井:
本当に人が良くて、誰にでも相談しやすいこと。
僕自身の体調が悪くなったときも実感しました。

女性スタッフが妊娠したときも、今まで通りの介護職の仕事が難しければ、
事務所の中でできる季節のイベントの小物作りをお願いするなど、調整や気遣いがありました。

育児休暇の取得はもちろん、それまでの間も結構大変なので、配慮をしていましたね。

「体調に配慮した対応をしてもらって感謝した」という方は、
同期や先輩にも何人もいらっしゃるので、
特別扱いされている感じではなく、ごく普通のことですよ。

※青木課長の奥様でもある、統括リーダーの青木さんに
産休・育休について詳しくお聞きしたインタビュー記事はコチラ!(↓)

これからの目標や意気込みについて

──最後に、これからの目標を教えてください!

竹内:
シンプルですが、いいものを作って人に喜んでもらいたいです。

テレワークでもそうでしたが、
自分たちが作ったもので仕事が成立するのを見ると、
「こうやってバックヤードで支えていくんだ!」と実感します。

会社がどんどん新しい目標を目指すので
まずは目の前のことをこなすのに必死ですけどね(笑)。

業者さんの提案通りに安いものを導入するとか、
ただ決まったことを作業的に行うだけではなくて、
その設計など細かい部分まで深く考えられるように、スキルを磨いていきたいです。

そして、スキルや仕事を引き継げるように、後輩を育てていきたいと考えています
だから、亀ちゃんよろしくね(笑)。

亀井:
はい…頑張ります(笑)。
情報システム課に異動になってから、まだ半年も経っていないので、
知識はまだまだ足りません。
まずは、専門的な知識を深めていくことが最優先です。

ホームのスタッフから、システムについて問い合わせを受けたとき
求めていることに対して、バシッと的確な答えを出せるようになりたいですね。

いつかは「亀井さんに聞けばなんでもわかるよ」と言ってもらえる、
そんな頼られる存在を目指したいです!

関連する記事

関連するキーワード

著者