広報・ブランド推進課設立の経緯は会社規模の拡大

──最初に、広報・ブランド推進課が設立された経緯を教えてください。

広報・ブランド推進課は、2019年7月にスタートしました。
会社規模の拡大にともない、
広告などを専門で担う部署を立ち上げることに。


チャームケアには、もともと、広報や広告宣伝を特化して行っている部署や
専門のポジションがありませんでした。
今までは、総務課が兼任していた形です。

首都圏中心に今後も
続々と新ホームがオープンしていますし、
これからもオープンを控えています。

そこで、新規開設が多い首都圏に
広告やWEBに知識を持つ人材を集めて特化させようと
広報・ブランド推進課が発足しました。

広報・ブランド推進課の仕事内容とは?

──小原さんたちは、どんな仕事をされているんですか?

「広報・ブランド推進課」という名前ではありますが、
広告的な仕事も行っています。

広報と広告、似たようなイメージがあるかもしれませんが
実際は対極の存在なんです。

【広報】=客観的な情報発信。テレビ放送で例えると、ニュースなど。
【広告】=主観的な情報発信。テレビ放送で例えると、CMなど。

具体的な仕事内容1|広報の側面

「プレスリリース」の作成、発信や取材によるメディア対応、
社長のアテンド業務などを担当しています。

チャームケアの企業ブランドイメージは
「下村社長」を主体としている部分が大いにあります。

経済誌や雑誌の取材が入ったときには
先方出版社と事前にインタビューの内容を詰めて、
社長への伝達・やり取り・内容のすり合わせ、
そして取材後に完成した原稿の最終チェックなどを担当。

段取りから、世に出るまで、バックヤードで動いています。

※プレスリリースとは?
世の中や報道機関に向けた、情報の提供・告知・発表のこと。

具体的な仕事内容2|ブランド推進の側面

パンフレット制作、新聞広告、折込みなどのデザイン制作、
ディレクションはもちろん、
現在はホームページのリニューアルに向けて作業を進めています。


決まったことをやるだけが広報の仕事ではありません。
社内外に向けて認知度を広めるために活動するだけではなく、
社員に自信を持ってもらえる空気を作っていくことも
心がけたいと思っています。

広報・ブランド推進課は、部署の壁を越える組織

──本当にさまざまな仕事を担当されているんですね!

チャームケアの企業PRに関わることなら
部署の壁をこえて、携わっていることが多いんですよ。

例えば、公式の採用サイトの赤入れなど
求人・採用を担当する、人材開発課とも関わりがあります。

チャームケア全体として、統一感を出すために
広報・ブランド推進課が必要なのです。

介護業界・広告業界の経験者だからこそ、双方の立場が分かる

──小原さんは介護業界での勤務経験はおありですか?

過去の職歴としては、デザイナーとして10年
別の介護事業者時代には介護福祉士の資格を活かした
広告宣伝を担当していました。

そのあと、WEB広告代理店時代には
介護事業者の仕事に携わったこともあります。

介護業界も広告業界もよく知っていますし
広告を発注する側・受注する側、
どちらでも働いたことがあるというのは強みですね。


社外の制作会社・WEB会社・広告代理店などの協力会社と
コミュニケーションが円滑に行えるのは
これまでの経験が活きていると思います。

広報・ブランド推進課のミッション

――広報・ブランド推進課のミッションを教えてください。

チャームケアの知名度・ブランドイメージの向上や、
各ブランドの棲み分けの明確化です。


チャームケアが運営する介護付有料老人ホームには
チャーム、チャームスイート、チャームプレミア、チャームプレミアグランと
さまざまなブランドがあり、
コンセプトや提供サービスが異なります。

ご入居者様やご家族様はもちろん、
これからご入居を検討されている方にも、わかりやすく伝わるように配慮しています。

首都圏では、新規ホームが続々とオープンする予定。

チャームケアは、関西でスタートした会社のため、
関東での知名度はまだまだ低いのが現状です。

今後のご入居促進、事業拡大のためにも、PR活動は欠かせません。

少数精鋭で協力し合える体制

──達成すべきミッションは、お一人お一人にあるのでしょうか?

メンバーは現在4名。うち1名は産休中です。

「Aさんしか対応できない」という状態が
起きないように心がけています。

少人数のため、例えば「制作のみ担当」「広報のみ担当」と
各セクションで専門の担当を立てることはせず、
メイン担当をそれぞれにお願いして
全員がみんなの仕事を把握しながら動ける
有機的な組織を目指しています。


小回りが利くのも、ひとつの強み。
これからも、少数精鋭で力をあわせていきます!

チャーム・ケア・コーポレーションの認知度アップに貢献したい

──では最後に、意気込みをお願いします!

私以外の3人のメンバーは、広告活動のノウハウはまだ浅いものの
チャームケアに長年在籍しているメンバーもいるので、
会社のことには理解が深いんです。

それぞれの良いところを活かして
新しいものを作り出していきたいですね。

私自身のこれまでの経験を活かして、
メンバーたちに知識や情報を共有しながら、
チャームケアをより一層世の中に知ってもらえるように
一緒に頑張っていきたいです!

関連する記事

関連するキーワード

著者